スタッフブログ

「新しい日常づくり」が始まった今だからこそ

2020年07月01日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
下半期がスタートしました!
―――――――――――――――

いよいよ今年も
下半期に突入ですね!

(主観的かもしれませんが)
世間の動きがケッコーな勢いで
ビフォー・コロナに
戻ろうとしつつ(?)も

東京を中心とした感染再拡大が

ウィズ・コロナの現実を
突き付けている印象です。

そんな中での下半期突入、

というコトで。

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回は

極々、当たり前のようなんだけど
今こそ、今一度、改めて
見直すタイミングだろう

というコトで
(おこがましくも・汗)

商いを成立させる要件

として

売るモノ
●買うヒト
●売る(買う)仕組み

の3つを整えるコトが大切
というコトを
書かせていただきました。

―――――――――――――――
で、続きを書いていくのですが
―――――――――――――――

で、ソレらについて
1つずつ順番に書かせていただく
つもりなのですが。

今こそ、今一度、改めて

というコトなので、

「今」について今一度、
確認したいと思います。

―――――――――――――――
今一度、マーケティングの変遷
―――――――――――――――

今の僕たちの消費感覚が
醸成(?)される経緯を年代別に

いわゆる
マーケティングのテーマ的に
いうのであれば

戦後復興期の製造(生産)志向

高度経済成長期の販売志向

バブル期の顧客志向

バブル崩壊後のデフレ期から
今に至る環境志向・社会志向

みたいな流れがありますよね。

―――――――――――――――
共感&共創志向
―――――――――――――――

で、当然ながら、
バブル崩壊後から今に至る
約30年間の方が
ソレ以前よりも消費の志向は
複雑で

↑でいう環境や社会への配慮は
今や常識であり

買う買わないの判断基準の「軸」
とは言い難いですよね。

そこで、今の時代の
マーケティングのテーマを
同じように表現するならば

共感 & 共創志向

みたいな感じが良いでしょうか?

自分自身が感じられるモノに
お金を使いたい

同じモノに感動するヒトたちと
つながりたい

ソレを与えてくれるブランドを
支持したい、応援したい、
ファンになりたい

という感覚、ありますよね?

―――――――――――――――
コレをおなじみのアレでいうと
―――――――――――――――

この感覚、おなじみの

マズローの欲求の5段階説

でいうならば

第3段階の社会的欲求
第4段階の承認欲求
第5段階の自己実現の欲求

というレベルで、

第1段階の生理的欲求や
第2段階の安全欲求

だけでは満たされない
というコトですね。

ソレはもう今回の自粛生活と
緊急事態宣言解除後の
ヒトの動きで
改めてクッキリと浮き彫りに
なりましたよね。

―――――――――――――――
そして始まった新しい日常づくり
―――――――――――――――

そして、

多くの
自分自身が感じられるモノに
お金を使いたい人たちが今、

新しい日常づくり

を始めたワケです。

もう少し具体的に言うならば

その人たちが

今までと違う買い物の仕方
今までと違う働き方
今までと違うプライベートの
過ごし方

を模索している

というコトですね。

―――――――――――――――
だから今こそ、今一度、改めて
―――――――――――――――

その現状を踏まえつつの

商いを成立させる要件

の見直し

というコトです。

今こそ、今一度、改めて
見直してみませんか!?

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。