スタッフブログ

商いを成立させる要件

2020年06月29日 ひとりごと スタッフブログ


―――――――――――――――
「気が付けば」「早いモノで」
―――――――――――――――

笑っちゃうくらいツキナミで
でも、全くその通り

なのですが

気が付けば
早いモノで

今年も折り返しです。
( ̄▽ ̄;)

と言っても
今年は特別ですよね。

ホントに
皆さま、各々、
様々な状況下にいらっしゃるとは
思いますが

まずは何はともあれ
この半年間、
大変お疲れ様でした

を心からお伝えします。
m(__)m

―――――――――――――――
当たり前だけど超大切なコト
―――――――――――――――

この前、
ふと思いついたコト・・・、

と言っても
フツーに考えれば
極々、当たり前のコトですよ。

なのですが
ソレが非常に大切なコトで

むしろ、こんな時だからそ

改めて
シッカリ考え直してみる価値が
ありそうなコトなので

シェアさせていただきます。

―――――――――――――――
商いを成立させる要件を整える
―――――――――――――――

ソレは何かと申しますと・・・、

商いを成立させる要件を整える

ってコトなんです。

で、その要件というのは

売るモノ
●買うヒト
●売る(買う)仕組み

の3つのコトです。

どうですか?
斬新さ「0(ゼロ)」でしょ?
モノスーッゴク当たり前でしょ?
(≧▽≦)

・・・なのですが。

―――――――――――――――
少し前までは整っていたのに
―――――――――――――――

なのですが、
逆説的に考えると

売れていない

の原因は
の要件が整っていない
と言えるワケで

例えば

従来は売れていたモノが
今回のコロナショックで
売れなくなってしまった

という場合、

の要件が整っていない

というか

整わなくなってしまった

と考えられるワケですよね。

―――――――――――――――
要件がこんな風に崩されている
―――――――――――――――

例えば

居酒屋さんやカラオケのように

従来、
大勢の人が集まって
盛り上がるコトが価値

である商品は

常連さんやお得意様が
いたとしても

今なお、
厳しい状況下にあるお店は
少なくないでしょうし

オフィス街にあるお店などは
テレワークの導入によって

お客様が商圏から
いなくなってしまった

というところも
少なからずありますよね。

―――――――――――――――
売る(買う)仕組みがない場合
―――――――――――――――

一方で

テレワークのお陰で
商圏内にたくさん人がいるように
なった

にも関わらず

価値ある商品・サービスを
提供している

にも関わらず

ソレらの商品・サービス、
あるいは自店自身を伝える術
を持たないお店
もまた

商いを成立させる要件が
整っていない

と言えますよね。

―――――――――――――――
むしろ、整っている人なんて!?
―――――――――――――――

↑に挙げた例に限らず
あるいは多少の差こそあれ

商いを成立させる要件が
(十分に)整っていない

という企業・お店・事業者は
たくさんいらっしゃるかと
思います。

というコトで、
次回以降、各要件について
書かせていただきます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。