スタッフブログ

ソレ、お客様には伝わってませんよ

2020年06月24日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
エッ、ソレやってたの!?な話
―――――――――――――――

先日もあったのですが

エッ?
御社でソレ、やってたの??

みたいなお話をいただくコトが
しばしばあります。

こういうコト、
どこの会社でもありますよね?

裏メニューでもないし
隠しているワケでもないし

中にはむしろ
当たり前のようにやってるのに

何年もお付き合いがある
お客様に知られてなかった

なんてコトも。
( ̄▽ ̄;)

コレについて

2つの側面

から書かせていただきます。

―――――――――――――――
2つの側面
―――――――――――――――

予めその2つというのを
書いておくと

1つは

ちゃんと出しておかないと
機会ロスになっちゃいます

という話。

もう1つは

何でも出しておけば良い
ってワケじゃありませんよ

という話。

まずは前者からです。

―――――――――――――――
ソレほど分かってくれてはいない
―――――――――――――――

コチラはもう単純な話ですね。

多分、
僕自身も周りに対して
同じコトしまくっていると
思います。

つまり、お客様って
コチラが思っているほど
案外、
分かってくれているワケでもない

というコトです。

少し極端に違う言い方をすると

自分が利用している
商品・サービスのみを扱っている

と思っている

と言えます。

―――――――――――――――
例えば、こんなコトも
―――――――――――――――

すごく狭い例で言うと

例えば
いつもランチで行くお店って
いつも同じモノばかり
注文しませんか?

で、
たまにメニューを見てみたり
違う人と一緒に行ったり
他のお客さんの注文が聞こえて

あ、そんなのあったんだ

なんて思うコト、ありませんか?

―――――――――――――――
ソレ、逆バージョンもあります
―――――――――――――――

メニューに書いてあるモノでさえ
ソレですから

いわゆる一般的な同業他社が
扱っていないようなモノで

増して
前面に出ていないのなら

中々、
気づいてもらえませんよね?

同じコトを
逆の立場でも言えるワケで

僕たち事業者が

あのお客さんに
そのニーズがあったとは
思わなかった

なんてコトもありますよね。
(笑)

―――――――――――――――
伝えるべきはシッカリと!
―――――――――――――――

なので

売りたいモノ
というか

お客様に喜ばれるモノ
お客様にオススメしたいモノ


シッカリと伝えていかないと
いけませんね!

僕自身も改めて気を付けます。
m(__)m

一方で。

―――――――――――――――
こんなコトもケッコーあります
―――――――――――――――

何でも出しておけば良い
ってワケじゃありませんよ

というコトも
少なからずあるワケで

ソレについては
次回に続きます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
是非、ご登録ください!
<a href=”https://www.warau-kado.com/mailmag/acc.cgi?id=150328106091757″ target=”_blank”>物語型集客術メールマガジン</a>

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
<a href=”https://www.warau-kado.com”>https://www.warau-kado.com</a>

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
<a href=”https://www.facebook.com/waraukado.co/”>https://www.facebook.com/waraukado.co/</a>

◆山田浩和のFacebook
<a href=”https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58″>https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58</a>

◆集客したい人!まずはココから!
<a href=”https://peraichi.com/landing_pages/view/p5656″ target=”_blank” rel=”noopener”>ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座</a>
(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。