スタッフブログ

自分の世界の常識を疑う勇気

2020年06月05日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
自分の常識を作るモノたち
―――――――――――――――

前回の

小さな変化に敏感になるコト

にも関連する話なのですが。

人は自分がいる環境で作られる

とか

自分は周りにいる人の平均

みたいな話、
聴いたコトありますか?

どちらも

自分が身を置く場所を選ぶコトの
重要性

を示唆しているワケですが

今のこの時期、
そんなコトを改めて考えさせれる
小さな事例です。

―――――――――――――――
文化もルールも異なる小世界たち
―――――――――――――――

所属している年月や
関わり方の濃淡は様々ですが

いわゆる

コミュニティ

というモノに
いくつか所属しています。

各々、
目的も活動内容も異なるので

当然、ソコにいる人も違えば
文化もルールも異なります。

なので
見えているモノも違うし
価値観も異なるワケで

ソレは一概に
何が正しくて何が間違えている

という尺では測れない

・・・のですが。

―――――――――――――――
目に見えて二極化しているコト
―――――――――――――――

話が飛躍するようですが
僕が関わっている世界で

目に見えて二極化しているコト
の1つに

オンライン化への対応

があります。

具体的に言うと

ZOOMの使い方

ですね。

―――――――――――――――
ほぼ確実に会話が途切れる呪文
―――――――――――――――

どのコミュニティも
ほんの数か月前までは
ほぼほぼZOOMなんて
使っていませんでしたが

あるコミュニティでは
今やZOOMが当たり前。

尚且つ、
より一層、ZOOMの可能性を
模索しています。

一方、
あるコミュニティでは・・・、

ZOOM

という単語を出すと
会話が終了する、という。
( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
ソレを疑えなくなりがち、ですね
―――――――――――――――

くれぐれも
ZOOMを使うのが正しいとか
そういうコトではなく
(とは言っても、
今やオンラインツールは
不可欠では・・・!?)

自戒を込めて
気を付けなければいけないと
強く感じるのは

自分の常識を作っているのは
自分が見えている世界で

ソレが世界の常識と
一致しているとは限らないのに

ソレを疑えなくなりがち

というコトですね。

―――――――――――――――
偏りがちな常識のバランス
―――――――――――――――

はい。
僕個人に関して言えば
その傾向、大いにあります。

ゾッ・・・。

そういう意味では
前述のとおり

文化もルールも異なる
複数のコミュニティに
所属させていただいているコトは

(僕の)
偏りがちな常識のバランス

を調整するのに
ケッコー良い影響を
与えてくれているのかも
しれませんね。

改めて気を付けます。
(汗)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。