スタッフブログ

人は再び、町に出るのか!?

2020年03月16日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回は

新型コロナウィルス
(COVIT-19)

の影響について

僕が個人的に
予測しているコトの内、
2つ挙げさせていただき、

1つは
経済への悪影響が長引くコト

もう1つは
コレによって世界が変わる

というコトを
書かせていただきました。

―――――――――――――――
典型的で象徴的な事例
―――――――――――――――

その典型的で象徴的な
事例の1つが

巣ごもり

と呼ばれている
従来、現場で行われていたコトが
自宅やソレに代わる場所で
行われるようになった

という現象なのですが。

コレを

典型的で象徴的な事例

と捉えて
もう少し突っ込んでみたい
と思います。

―――――――――――――――
人は再び、町に出るのか!?
―――――――――――――――

例えば、
今、巣ごもりと呼ばれている
この現象、

新型コロナウィルスの感染拡大が
終息さえすれば
以前のように

人が町に出ていくようになる!

・・・のか
というと、
どうでしょうか!?

―――――――――――――――
「遠隔」が生活の一部になる
―――――――――――――――

テレワークは
一層加速していくでしょうし

その一環として
会議や打ち合わせ、
あるいはセミナーや講演なども

今後ますます、
ZOOMをはじめとした

遠隔

が一般的になるでしょう。

―――――――――――――――
エンタメやフード系は!?
―――――――――――――――

スポーツ観戦やライブ・観劇
などの
エンターテイメント系は

現場 & 遠隔

という環境が
充実していくのでは、

と考えられます。

また、
各分野の飲食店をはじめとした
フードサービスなども

テイクアウトやデリバリー、
さらにはケータリングも

普通になっていく傾向では
ないでしょうか?

―――――――――――――――
価値観や意味が変わってくる!?
―――――――――――――――

もしも、こんな風に

巣ごもり文化が醸成されていく
とすると

在宅と外出の価値観や意味
というのが
今とは違ってくるかも
しれませんよね!?

次回に続きます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。