スタッフブログ

歴史的にも大規模な社会変革の引き金

2020年03月13日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回は

新型コロナウィルス
(COVIT-19)

の今後の影響について

色々な人の
色々な見解がある中で

僕個人としては
2つのコトを予測している

というコトを
書かせていただきました。

今回はソレについて。

―――――――――――――――
2つの予測
―――――――――――――――

1つ目は
完全に悪いコトです。
( ̄▽ ̄;)

日に日に現実味を
帯びてきてしまっていますが

経済への悪影響が長引くだろう

というコト。

以上。

もう1つは

今回のコトによって

世界が別のモノに
変わってしまう
、というか

変わる、というか

だろう

というコトです。

―――――――――――――――
神田昌典氏が言うには
―――――――――――――――

3月9日(月)の日経MJで
神田昌典氏が

『新型コロナ 沈静後の社会』

というタイトルで
いくつかの事例と共に

「歴史を振り返れば、
感染症は、
大規模な社会の変革の
引き金となっている」

と書かれています。

もちろん、
「だから」言っている、
というワケではありませんが。
(笑)

―――――――――――――――
失われるのではなく「早送り」
―――――――――――――――

とは言っても、
必ずしも悲観的な意味ばかり
ではなく

むしろ、
明るめなニュアンスも
多分に含んでいます

変わってしまう、
と言っても

失われる

というよりは

早送り

みたいな感じで、

コレまでに
少しずつ少しずつ
変わりつつあったモノが
一気に変えられてしまう

みたいな感じですね。

―――――――――――――――
典型的で象徴的な現象
―――――――――――――――

例えば、典型的で象徴的なのが

「在宅」「巣ごもり」などと
言われているアレです。

職場をはじめ、
会議&打ち合わせ、
ライブなどの
エンターテイメント、

あるいは外食などなど、

従来、現場で行われていた
様々なコトを

自宅やソレに代わる場所で
行うようになる

というコトです。

―――――――――――――――
今回の一件で一気に加速
―――――――――――――――

コレらは
増税や働き方改革などの影響で

以前から
テーマとなっていながらも

そうは言っても
そんなに急には変われない

みたいなところだった
印象がありましたが、

今回の一件で
一気に加速しましたよね。

―――――――――――――――
ソコが代わっただけではない!?
―――――――――――――――

ただ、
コレもただ単に

従来、現場で行われていたコトが
自宅やソレに代わる場所で
行われるようになった

というコトだけでは
無さそうですが・・・、

次回に続きます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。