スタッフブログ

地域活動を薦める3つの理由

2020年02月19日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回も引き続き、

ビジネスの舞台が
市場(マーケット)から
社会(ソーシャル)へ

変わる時代に

スタッフが
イキイキ・ワクワク働ける環境

を創るために
活用できるであろう

神話の法則
ヒーローズ・ジャーニー

を構成する要素の1つ

仲間

について
書かせていただきました。

―――――――――――――――
オススメの情緒的な経験
―――――――――――――――

共に価値を創る仲間

になるためには

あなたの
理念・ミッション・
コンセプト・ゴールなどを

深いレベルで共感できるように
なるコトが大切

そのためには

関わる様々な人たちを喜ばせ、
喜ばれる喜びをいただけるような

情緒的な経験を
たくさん共有するコトが大切。

そしてソレは

飲み会でもバーベキューでも
旅行でも運動会でも良いけれど

僕がオススメする
情緒的な経験こそ

地域活動

もしくは

地域コミュニティづくり

である、
というコトを
書かせていただきました。

―――――――――――――――
地域活動を薦める3つの理由
―――――――――――――――

というコトで

飲み会でもバーベキューでも
旅行でも運動会でも何でも良い、

と言いつつ、

なぜ、地域活動なのか

について

他にも色々とあると思いますが

3つほど
理由を挙げさせていただきます。

1.(ケッコー、ダイレクトに)
喜ばれる喜びをいただける

2.社会に求められている

3.チームへの帰属意識が高まる

というところですね。

というワケで、1つずつ。

―――――――――――――――
喜ばれる喜びをいただける
―――――――――――――――

まず、「1」の

(ケッコー、ダイレクトに)
喜ばれる喜びをいただける

ですが、
本当にその通りだと思います。

コレは業種・業態・職種に
依るところが大きいと思いますが

人と接する機会があまり多くない
お仕事もあれば

ある程度、一定の人としか
関わらないお仕事も
少なくないかと思います。

そうなると、
どうしても

世界が狭くなりがちで

毎日が繰り返しみたいな
気になってしまったり

その結果、
仕事へのモチベーションが
知らず知らずの内に
下がってしまう

なんてコトが起こりがちです。

そこで
地域活動が生きてくるワケ
なのですが。

―――――――――――――――
ただし、ココが重要です
―――――――――――――――

ただし、
地域活動なので、

地域の人たちと一緒にやる

というコトが前提です。

例えば、
地域の清掃を
スタッフさんたちのみで
やられている企業があります。

(ソレが悪いという意味では
ありませんが)

そうではなく、ぜひ
自治会・町内会など
地域の人たちと交流して
いただきたいのです。

―――――――――――――――
喜ばれる喜びをいただけますよ!
―――――――――――――――

ソレだけでも、
世界が広がりますよ!

そして、
一緒に活動する地域の人たちから

(ケッコー、ダイレクトに)
喜ばれる喜びを
いただけますよ!

(≧▽≦)

そんなワケで、
続きは次回以降です。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。