スタッフブログ

真ん中にあるアレに価値を感じ、共感・共鳴するコト

2020年01月30日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回も引き続き、

ビジネスの舞台が
市場(マーケット)から
社会(ソーシャル)へ

変わる時代に

スタッフが
イキイキ・ワクワク働ける環境

を創るために
活用できるであろう

神話の法則
ヒーローズ・ジャーニー

を構成する要素の1つ、

仲間

について
書かせていただきました。

―――――――――――――――
共感・共鳴しているコト
―――――――――――――――

共に価値を創る仲間
として重要なのが

価値観が合う

というコトなのだけれど

ソレは決して、
趣味が合うとかそういうコト
だけではなく
(ソレはソレで良しとしても)

本質的に大切なのは

各々のスタッフが
各々のチームの真ん中にある

理念
ミッション
コンセプト
ゴール

などと呼ばれるモノに
価値を感じ、
共感・共鳴している

というコトですよね!

―――――――――――――――
とは言うモノの・・・
―――――――――――――――

とは言うモノの

最初からそういうモノに
価値を感じているスタッフって
希少なのでは?

あるいは

最初こそ、
そういうモノに価値を感じて
関わるようになったものの

日々の業務に追われるウチに
そういうモノが
見えにくくなってしまう傾向
というのも否めないのでは!?

―――――――――――――――
忘れさせないコトこそが大切
―――――――――――――――

なので、だからこそ、

(抽象的な表現になりますが)

そういうモノを
忘れさせないコトこそが大切

さらに言えば

各々のスタッフの日々の業務と
そういうモノのつながりが
理解でき

尚且つ、

各々のメンバーの中で日々、
その理解度を深められる仕組み

が大切ですよね!

―――――――――――――――
またまた物語の仕組みの出番です
―――――――――――――――

というコトで
次回から

各スタッフが
各々のチームの真ん中にある

理念
ミッション
コンセプト
ゴール

に価値を感じ続けるための
入り口づくりと
忘れさせない仕組みづくり
について

例により(?)
物語の仕組み
になぞらえて

書かせていただきます!

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
是非、ご登録ください!
<a href=”https://www.warau-kado.com/mailmag/acc.cgi?id=150328106091757″ target=”_blank”>物語型集客術メールマガジン</a>

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
<a href=”https://www.warau-kado.com”>https://www.warau-kado.com</a>

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
<a href=”https://www.facebook.com/waraukado.co/”>https://www.facebook.com/waraukado.co/</a>

◆山田浩和のFacebook
<a href=”https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58″>https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58</a>

◆集客したい人!まずはココから!
<a href=”https://peraichi.com/landing_pages/view/p5656″ target=”_blank” rel=”noopener”>ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座</a>
(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。