スタッフブログ

「チームの成長」と「成長の軸」

2020年01月11日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回は

ビジネスの舞台が
市場(マーケット)から
社会(ソーシャル)へ

変わる時代に

スタッフが
イキイキ・ワクワク働ける環境

を創るために
活用できるであろう

神話の法則
ヒーローズ・ジャーニー

を構成する要素の内の1つ、

成長

について

スタッフ個人個人の成長も
然ることながら

チーム(企業・団体・組織)が
どこに向かって行こうと
しているのか

そのために、
どのように成長していかなければ
いけないのか

を明確にするコトが大切

というコトを
書かせていただきました。

―――――――――――――――
成長の軸
―――――――――――――――

つまり
チーム(企業・団体・組織)
自体の

成長の軸

ですね。

コレを考える時、

ビジネスの舞台が
市場(マーケット)から
社会(ソーシャル)へ

変わる時代なのだ

というコトを
大前提とする必要がある
と思うのです。

―――――――――――――――
成長の軸を考える上で
―――――――――――――――

どういうコトなのかと言うと

従来、
企業の成長と言えば

売上が伸びたり
社員が増えたり
事務所が大きくなったり
支社・支店が増えたり

というコトだった

と言えますよね?

そして、
ソレは今も変わらない

という企業が
圧倒的に多いかもしれません。

なのですが、
ココはスゴク注意深く考えて
良いのでは?
と思っています。

―――――――――――――――
ソノ成長の前提条件
―――――――――――――――

なぜならば、
上記のような規模の成長って、

(労働)人口や生産力が
伸び続けている時代

の話なのでは?

―――――――――――――――
ソレも1つの在り方ですが
―――――――――――――――

もちろん、
現在のように

人口減少・高齢化・生産減、
さらには
働き方が変わりつつある時代

であっても
ソレを踏まえた上で

(ソレでも)
ウチの会社は
正社員も支社も増やし続ける

というコトであれば
ソレも1つの在り方
かもしれません。

―――――――――――――――
在り方によって変わってしまう
―――――――――――――――

ココではどのような在り方が
正しい

とか

どうあるべき

みたいな話は深掘りしませんが

大切なのは
チーム(企業・団体・組織)が
目指すゴールによって

チームもスタッフ個人も

成長の軸

が変わってしまう

というコトです。

次回、その辺りについて
もう少し続けます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。