スタッフブログ

理念と実務が繋がっている実感

2019年12月18日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回は

ビジネスの舞台が
市場(マーケット)から
社会(ソーシャル)へ

変わる時代に

古(いにしえ)から語り継がれる
神話の法則に則り

ソレらの要素を抽出し
ビジネスの現場に置き換えるコト

チームが一丸となって
ワクワク・トキメキ・
ノメリ込みながら
ゴールに向かって成長していく
環境

ができるのでは?

というコトを
書かせていただきました。

―――――――――――――――
まずは(一番大きい)ゴールから
―――――――――――――――

そして、

神話の法則
(ヒーローズ・ジャーニー)
から抽出する要素の1つが

ゴール

であり、

ゴールがあるからこそ、
自分の日々の行動が
何のためになされているのかが
把握できる

というコトを
書かせていただきました。

とは言え、
ゴールと一言で言っても
大小様々あるワケなのですが、

まずは一番大きいところから
書かせていただきます。

―――――――――――――――
何を実現しようとしているのか
―――――――――――――――

事業にとって一番大きなゴール
とは
ナンと言っても

理念・ミッション・使命・目的

などと呼ばれているモノ
ですよね!

何のために事業をしているのか

事業を通じて何を実現しようと
しているのか

というコトですね!
(≧▽≦)

―――――――――――――――
今の時代、更に大切です
―――――――――――――――

↑コレの重要性って

時代が

市場(マーケット)から
社会(ソーシャル)へ

変遷しているコトと
直結していますが

益々、重要になって来ています。

どんな具合に
重要になって来ているかと言うと

あえて逆説的な例を挙げるなら

例えば、
経営者だけ、
もしくは自社だけが
たくさんの収益を得られれば良い

というのが
事業の目的であるのならば。

―――――――――――――――
今の時代には受け入れられない
―――――――――――――――

(やや極端かもしれませんが)
良く売れる自社製品を
大量に製造するためであれば

工場からどれだけの
騒音や排気ガス、
産業廃棄物を排出しても
何も問題ない

というコトになります。

そして
ソレは当然、
現在のようにビジネスの舞台が
社会(ソーシャル)へと
変わった時代には

社会に受け入れられない
ビジネススタイル

というコトになります。

―――――――――――――――
コレなら社会に支持されますよね
―――――――――――――――

反対に、
(王道的に)

多くの人が求める商品を
製造する際に発生する
騒音や排気ガス、産業廃棄物を
徹底的に削減し
持続可能な環境を作ります

というポリシーを掲げている
もしくは実際に取り組んでいる
企業であれば

直接、取引のある顧客ばかりか
社会からも評価されますよね!

(≧▽≦)

―――――――――――――――
費やす時間や労力の意味が変わる
―――――――――――――――

そして、
顧客や社会から支持されている
ソレらの取り組みこそが

自分が日々行っている業務

と理解できれば

日々、費やしている
の時間や労力の意味が
まーったく変わってきませんか?
(≧▽≦)

というコトで
次回に続きます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。