スタッフブログ

ソーシャルの時代に価値のある事業

2019年12月02日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回は

ビジネスの舞台が
市場(マーケット)から
社会(ソーシャル)へ

変わる時代

とは、どういうコトか
について

ESG
(環境・社会・企業統治)

という視点から
書かせていただきました。

―――――――――――――――
その人たちの視点
―――――――――――――――

社会(ソーシャル)の時代は、
顧客やスタッフのみではなく
金融機関・行政・地域社会
などなど

様々なステークホルダーが
従来よりも身近な存在となり

その人たちや組織が
あなたの事業を見る時、

業績のみではなく、
あるいは業績以上に

ESGに対応できているか

という視点を重視する時代

とも言えますね。

―――――――――――――――
今や趣味や嗜好でさえも
―――――――――――――――

典型的な例の1つが

エシカル(倫理的・道徳上)消費

です。

つまり、
趣味や嗜好さえも

地球にやさしいモノ
社会の役に立つコト

などが価値あるモノと
されるようになりつつあります。

―――――――――――――――
従来の「価値ある事業」
―――――――――――――――

同じく

ESG投資・ESG融資

も典型的な例の1つですね。

従来、

いかに効率よく回収が出来るか

というコトこそが
投資や融資の判断基準で

ソレが可能な事業こそが

価値ある事業

とされてきました。

―――――――――――――――
コレからの投資融資の判断材料
―――――――――――――――

今、そしてコレからの時代は

いかに社会に貢献する事業なのか
いかに地球にやさしい事業なのか

(そしてもちろん、
事業として成立するのか)

というコトが
投資や融資の判断材料になる時代

今後、
この傾向は益々強くなる
でしょう。

―――――――――――――――
だから事業が成立しています!
―――――――――――――――

だからと言って、

ウチは何もできていない
ウチでは何もできない

と決めつけたり落ち込んだり
しないでください。
(笑)

↑前述の通り、
あなたは既に何かしらの形で
多少なりとも
ESGに対応できていて

だからこそ、
今現在、
事業が成立しているワケです!
(≧▽≦)

とは言え、一方で・・・。

―――――――――――――――
残念ながら(汗)そうでもない
―――――――――――――――

今現在、
特に中小企業や小規模事業者に

・ESG
・SDGs
・CSR
(アルファベットだらけ・・・)

などの言葉の印象が
正確に浸透してるかと言うと

そうでもない

というのが否めない現状です。
(汗)

―――――――――――――――
次回は「G」の部分について
―――――――――――――――

なぜならば、

ESG・SDGs・CSR
=社会貢献
=ボランティア
=ゆとりのある会社がやるコト

というイメージが
今でも強烈に焼き付いている
からではないでしょうか?

次回は、
ソレらと特にイメージが
繋がりにくい

組織の中の社会貢献、
ESGで言うなら「G」の部分

について
書かせていただきます!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。