スタッフブログ

地域コミュニティという非日常で得られる喜び

2019年11月18日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回は

ビジネスの舞台が
市場(マーケット)から
社会(ソーシャル)へ

変わってく時代に

地域コミュニティを担うのは

地元の中小企業や小規模事業者

なのでは、
という話の中で、

とは言え、
中小企業や小規模事業者に
とってのメリットは、
というと

ヒトに関するコト

なんです

というコトを
書かせていただきました。

―――――――――――――――
2つのヒトに関するコト
―――――――――――――――

更に
その中でも大別すると

採用
●モチベーションアップ

が大きいようだ

というコトも
書かせていただきました。

では、
なぜそのようなコトが
起きるのかというと。

―――――――――――――――
楽しくも心地の良い場
―――――――――――――――

地域コミュニティも
コミュニティである以上、

当然ながら
人との関わりがキモ
ですよね。

そして
コミュニティとは

何かしらの属性や価値観が
キーとなった集まり

であって
そこは

(大括りで言えば)
楽しくも心地の良い場

なハズですし
そうあるべきなんです。

―――――――――――――――
ストレートに感謝されやすい
―――――――――――――――

そして
ソレを運営するというコトは
ソコに属する人たちに

楽しくも心地の良い場

を提供する役割であり、

ソレはつまり

ストレートに感謝されやすい

というコトになります。
(*^。^*)

―――――――――――――――
同じコトの繰り返しに思えると
―――――――――――――――

※以下、誤解を招く恐れアリ
(汗)

一方で、
会社のお仕事ってどうでしょう?

業種や業態、各々の職種、
あるいは個々人の受け取り方
によっても
異なるとは思いますが、

大きく大きく括って言うならば

日々のルーティン作業が
同じコトの繰り返しに
思えてくる場合が多く

ソレは
各々の仕事や役割の重要性に
関わらず

高いモチベーションを
維持しにくくなる原因になる
場合が多いようです。

―――――――――――――――
感謝される機会が少ない
―――――――――――――――

また
業種・業態・職種によっては
人と接する機会が少なかったり、

あるいは
人と接する機会が多い仕事
なのに

感謝される機会が少ない

なんてコトも多々ありますよね。

ソレらの環境もまた

高いモチベーションを
維持しにくくなる原因に
なりやすいのは

ココで改めて
強調するまでもないコトかも
しれませんね。

―――――――――――――――
非日常で喜ばれる喜びを得られる
―――――――――――――――

というコトで

中小企業や小規模事業者が
(従来の)日常業務を離れて

地域コミュニティという非日常

に関わるコトで

慣れた日常の中で
得にくい・・・、

というか
感じにくくなって
しまっている(?)

喜ばれる喜びを得やすくなり

ソレがスタッフの方たちの
モチベーションアップに繋がる

というコトが
起こりやすいそうですよ!
(≧▽≦)

次回、もう少し続けます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。