スタッフブログ

常識を破壊する理想的な地域コミュニティ

2019年10月31日 ひとりごと スタッフブログ


―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回は、

ビジネスの対象が
市場(マーケット)から
社会(ソーシャル)へ

変わっていく時代に

価値観や常識が変わっていく理由
として

人口減少以外にも

地球環境の悪化
AI
過疎化
少子高齢化
アジアの成長
生活スタイルの変化

などなどがある

というコトを
書かせていただきました。

―――――――――――――――
決して悪いコトばかりではない
―――――――――――――――

ただし、
ソレらによって起きる
価値観や常識の変化は

決して悪いコトばかりではなく、

むしろ

ソレらを早く予測して
早めにより良い対応を
検討するコトが大切

というコトも
書かせていただきました。

そんなコトを書いている最中、

素晴らしい事例に出逢いました!
(≧▽≦)

―――――――――――――――
正体不明の商店街
―――――――――――――――

とある商店街なのですが、
この商店街、
既成の概念では正体不明
( ̄▽ ̄;)

なぜかと言うと、

商店会長をはじめ、
僕の目の前にいる人たちの
店舗・・・、
というか事業所の所在地が、

いわゆる商店街のエリアと
全然、違うところにあるんです。

そして、そうなんです。

↑前述の通り、

(全ての人ではありませんが)
僕の目の前にいる
恐らく商店街活動の主力部隊
と思われる
数名の人たちのビジネスが
店舗型の商いではないんです。

―――――――――――――――
不思議なことがもう1つ
―――――――――――――――

もう1つ。

「不思議」と言うと
語弊があるかもしれません
(ないかもしれません・笑)が

隣りの商店街と
パートナーシップを
組んでいます。
( ̄▽ ̄)

そして、
そのパートナーシップを
組んでいる商店街も、
また不思議。

先日、加盟店を巡る
スタンプラリーのイベントを
開催したのですが

スタンプポイントになるのが
店舗よりも

周辺の金融機関や警察、消防署、
中途障害者施設、大学、医療法人

などなどの方が多いんです。

―――――――――――――――
理想的な地域コミュニティ
―――――――――――――――

ね。
(笑)

いわゆる商店街のイメージとは
掛け離れていますよね。

でも、
コレって実は、僕が描いている

コレからの
理想的な地域コミュニティ

にケッコー近いんです。

そして、
コレは紛れもなく
前述の

価値観や常識が
変化していく理由の1つ

にも挙げた

生活スタイルの変化

が少なからず影響しています。

どういうコトなのか。

次回に続きます!
(^^)v

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。