スタッフブログ

ある女性経営者の社会問題解決策

2019年10月17日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

ビジネスの対象が
市場(マーケット)から
社会(ソーシャル)へ

変わっていく時代、

その新しい常識(=当たり前)を
自社・自店に落とし込むために

SDGsを知るコトが
大切で有効な方法の1つである

という話から

僕たちの言語や視点、認識を
SDGsにチューニングしてみる

というコトを
書かせていただきました。

―――――――――――――――
実は、説明が難しく・・・(汗)
―――――――――――――――

なのですが。

ソレッて、
どういうコトなのか

を説明するのが

ナカナカの至難の業

というのが
実際のところなのでして。
(汗)

なのですが!

中小企業の経営
という視点から考える際に

スゴク良い事例に出逢えたので
取り上げさせていただきます。

―――――――――――――――
その企業が注目する社会問題
―――――――――――――――

厳密に言うと、
現時点では事例というより

今後、こうしていく!

という方針です。

一応、名前は伏せておきます。

横浜市内にある約20名ほどの
製造業を営む中小企業です。

同社の40代前半の女性社長は

現在、増え続けている
(日本の)子供の貧困

を問題視しており、

ソレに対して自社が出来るコト

を考えたところ・・・。

―――――――――――――――
打ち出した「自社が出来るコト」
―――――――――――――――

そもそも
子供の貧困の原因の1つは

シングルマザーが
一定の収入を得られる仕事に
就くのが難しい

というコトにあるそうです。

そこで、

自社で
シングルマザーの雇用を増やす

という
方針を打ち出したそうです。

―――――――――――――――
方針への「試練の道のり」
―――――――――――――――

といは言うものの、
一方で

製造業=男性の職場

という印象が強いらしく

シングルマザーの雇用を増やす

と社内で決めただけでは
モノゴトが進まないそうで、

女性が活躍できる環境づくり

女性が活躍できている
という現実の周知

シングルマザーに届く情報発信

などなど

掲げた方針へ向かうには
ソレなりの取り組みが必要そうな
見込みだそうです。

―――――――――――――――
SDGsにチューニング
―――――――――――――――

というコトなのですが。

コレを

SDGsにチューニングすると
どうなるか

というコトなのですが・・・、

次回に続きます!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。