スタッフブログ

中小企業・小規模事業者とSDGs

2019年10月02日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回は、

様々な常識(=当たり前)が
刷新される昨今、
ビジネスの場面でも

評価・信頼・支持を得る対象が

マーケット(市場)から
ソーシャル(社会)へ

変わりつつある

という大きな転換期を
迎えているけれど

そういう変化の時代に
新しい常識(=当たり前)を
植え付けるためには

・新しい常識に当てはまる行動を
 日々、実践するコト

・新しい常識に関する情報に
 日々、触れるコト

が大切

というコトを
書かせていただきました。

―――――――――――――――
もう1つ、前回のお話
―――――――――――――――

また、
新しい常識に関する情報に
日々、触れる

という意味では
最近、良く見聴きする

SDGs
(エス・ディー・ジーズ)

も有効ではないか?

というコトも
書かせていただきました。

というコトで、
今回はSDGsについて
簡単に・・・、

なのですが、
その前にもう少し、

なぜ、今、ココで
SDGsなのか?

というコトについて
もう少し掘り下げたいと
思います。

―――――――――――――――
スッカリ聴きなれたキーワード
―――――――――――――――

前述の通り、現在、
中小企業や小規模事業者
であっても

評価・信頼・支持を得る対象が

マーケット(市場)から
ソーシャル(社会)へと

変わりつつあります。

具体的には

環境保全・男女平等・
ダイバーシティ・
ハラスメントNG

などなどのキーワード、

今やスッカリ
聴き慣れていますよね?

―――――――――――――――
コレらを視野に入れたビジネスが
―――――――――――――――

つまり、
20~30年前には
あまり配慮されていなかったコト
などなどを視野に入れたビジネス
こそが

(直接・間接を問わず)
社会から
評価・信頼・支持を得られる

その逆も然り、
というコトですね。

―――――――――――――――
やまだ的解釈・「SDGs」とは
―――――――――――――――

で、

その20~30年前には
あまり配慮されていなかった
コト、

ソレらは決して
ビジネスに限った話だけでは
ありませんが

ソレらによって、
社会にとって地球にとって
様々なよろしくない課題が生まれ

その課題を解決するための目標を
具体的に挙げ可視化しているのが

 SDGs

なのだと言えます。

―――――――――――――――
新しい常識に馴染むためにも
―――――――――――――――

というコトは、
SDGsの対象は
ビジネスだけではなく

ましてや
中小企業や小規模事業者のみが
対象なワケでは無く

地球上の様々な人や団体やモノの
共通のテーマであり

だからこそ、
今、中小企業や小規模事業者も

SDGsを
共通言語・共通認識、
あるいはスタンダード

にするコトこそ、

マーケット(市場)から
ソーシャル(社会)へ

変わりつつある
新しい常識(=当たり前)

に馴染むための
より良い方法ではないか、

と考えられるのです。

次回に続きます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。