スタッフブログ

時代と共に変わってきた常識たち

2019年09月27日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回は、

今や大企業だけではなく、
中小企業や小規模事業者でさえも

ビジネスの対象が

マーケット(市場)から
ソーシャル(社会)へ

変化しているのではないか、

という仮説の裏付けとして

マーケティング、雇用、資金調達
などの視点から

今、現実的に起きているコトを
取り上げて
書かせていただきました。

―――――――――――――――
↓こんな印象かもしれませんね
―――――――――――――――

とはいうものの、
↑コレってケッコー大きな変化
ですし、

言ってみれば

常識が変わってしまう

というコトなので、

ナカナカ受け入れ難かったり

認められない・認めたくない
という気持ちが強くなったり

理屈は分かるけど
なんかシックリ来ない

なんて思ったり

漠然と
イヤァーな気分になったり
(苦)

とネガティブな感情が湧いてくる
かもしれませんよね。
( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
「でも」、というお話をします
―――――――――――――――

↑前述の通り、
ナカナカ大きな変化だとは
思いますし、

変化って基本的には抵抗が
生じますよね。

でも、変化という意味では
多少なりとも、
今までだって常にそういうコトは
起きていたワケですし、

僕たちはそれなりにキチンと
ソレに対応してきている
ワケです。

で、一度、その波を乗り越えれば
頭の中って案外、

常識が代わるモノ

だと思いませんか?

―――――――――――――――
いつの間にか、こんな感覚が
―――――――――――――――

例えば・・・、

今の時代、
特に家庭ごみで

燃やすごみの中に

敢えてプラスチックごみを
混ぜようとする

ナカナカ強い
精神的な葛藤が生じませんか?
( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
アレ、置いて出掛けられますか?
―――――――――――――――

チョット違う切り口では

朝、出掛ける時、

ワザワザ、スマホを置いていく

更には
電源を切って置いていく

って、
ケッコーな
高いハードルですよね?

―――――――――――――――
10年前を想い出すと
―――――――――――――――

あるいは、
業種やシチュエーションにも
よるかもしれませんが

スーツでネクタイをしていない人
を見ても

少なくとも以前ほどは
違和感ありませんよね?

電子書籍やネット通販は
スンゴク身近になったし、

DVDを借りるために
レンタルショップに行く
なんてコトも無くなりつつ
ありますよね?

カーシェアリングだって
ますます普及しているそうです。

―――――――――――――――
逆に、そうとも言えますね
―――――――――――――――

そんな風に
常識って変わっていく

ソレに伴い
僕たちの感覚だって
極々、普通に変わって
いきますよね!

ただ、
ソレってある意味では

僕たちの感覚が変わるから
ソレが常識になる

とも言えませんか?

だったら・・・。

―――――――――――――――
だったら
―――――――――――――――

だったら、

そういう流れになっているモノ

に対しては
早めに変わっちゃった方が
良いと思いませんか?

抽象的な言葉が続いてますが、
次回、もう少し掘り下げます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。