スタッフブログ

祭りとマーケティングの素敵な関係

2019年09月18日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
世にも珍しい「お祭り専門会社」
―――――――――――――――

先日の日経MJの1面で、

お祭りに関する
企画・運営・プロモーションの
サポート

お祭りを活用した
企業のプロモーションの
サポート

お祭り情報の発信

などなどを行っている

(その名もズバリ!)
オマツリジャパン

という会社が
特集されていました!

―――――――――――――――
ステキで価値のある事業
―――――――――――――――

今もコレを書くために
記事を読み返しているのですが、

ソレはもぉー、

とてもとても
ステキで価値のある事業

を行っているなぁー、

という感想に尽きるワケで、

ココで書きたいコトも
山ほど(笑)なのですが、

ソコはグッと我慢して、
取り急ぎ、

記事で取り上げられている

祭りの闇・・・、
と書くと語弊がありますが
(笑)

課題の部分にフォーカス
したいと思います。

―――――――――――――――
地域コミュニティの衰退の縮図
―――――――――――――――

僕も少なからず
思い当たりますが、

今、全国でたくさんのお祭りが
担い手不足・資金不足で
運営に行き詰まっている
そうです。

原因は色々なようですが、
(やや飛躍気味に)
僕なりに意訳すると

地域コミュニティの衰退の縮図

と言って間違いなさそうです。

とは言え、

お祭りって
すごく求められているし、
今、あまり盛り上がっていない
お祭りであっても、
ポテンシャルはすごくある

と思います。

―――――――――――――――
お付き合いだけでは不成立
―――――――――――――――

で、課題の1つである
運営資金についてですが、

収入の大きな柱である
企業協賛が減っている

という実情が
あるとのコトです。

つまり、
従来「お付き合い」で
できていた協賛も

費用対効果

を求められると、
昨今の情勢では難しい

というコトのようです。

まぁー、
ソリャそうですよね。

―――――――――――――――
ココもオマツリジャパンの凄さ
―――――――――――――――

なのですが、
ソレがやはり、

オマツリジャパンの
スゴイところで、

前述の通り、

お祭りを活用した
企業のプロモーションの
サポート

という事業も
行っているそうです。

―――――――――――――――
祭りはマーケティングの場
―――――――――――――――

紙面でも

祭りはマーケティングの場

という
見出しにもなっていましたが、

祭りのポテンシャルの高さを
マーケティング活動に
活用する

という提案をしているそうです。

企業にとっては
マーケティングになり、

祭りにとっても
資金とコンテンツを得られ、

Win-Win

っというコトですよね!
(≧▽≦)

―――――――――――――――
大きなお祭り、じゃなくても!?
―――――――――――――――

でも、↑コレはあくまでも

(比較的)
大きなお祭りと大企業

の事例なのですが

もっと規模の小さなお祭り、

というか、
お祭りですらない

地域コミュニティづくりと
中小企業・小規模事業者

との関係にも
応用できないでしょうか?

次回に続きます!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。