スタッフブログ

全てステークホルダーを満足させるコレからのビジネススタイル

2019年09月13日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回は、

先日受講したSDGsのセミナーで
引用されていた

風が吹けば桶屋が儲かる

という諺のように

様々なモノゴトの
因果関係を掴むコトが大切

というコトを
書かせていただきました。

―――――――――――――――
まさに、マーケティングがコレ
―――――――――――――――

例えば
集客・販促・マーケティングも
まさにソレですよね!
(≧▽≦)

お客様の
趣味・嗜好・悩みなどなどが
あって

「ソコで売っている
ソレがほしい」
という欲求があって

経済的・時間的な
事情やら環境やらがあって

春夏秋冬などのタイミングが
あって

などなど、

ソレゾレの様々な要素の
因果関係が噛み合って

 買 う

という
意思決定や具体的な購買行動が
生まれるワケですよね!
(≧▽≦)

―――――――――――――――
このキーワードから浮かんだコト
―――――――――――――――

で、今回は
SDGsのセミナーだったコトも
少なからず影響しているかと
思うのですが、

風が吹けば桶屋が儲かる

というキーワードを聴いた時に
↑の集客・販促・マーケティング
以上に強く浮かんだのが

 CSR
(企業の社会的責任)

のコトだったんです。

―――――――――――――――
取り組まない理由が無い
―――――――――――――――

SDGsも然ることながら、

CSRについても、
まだまだ認識は様々で

自社自店には関係ない

ゆとりがある会社がやるコト

ボランティア

「良いコトやろう」
みたいなヤツ

と考えている企業が多いのが
実状と言えます。

なのですが、
企業経営を

風が吹けば桶屋が儲かる
(=因果関係が大切)

からの視点で考えると、
間違いなく全ての企業にとって
(その会社が良くなるために)

取り組まない理由が無い

と思いました。

どういうコトなのかと言うと。

―――――――――――――――
お客様&スタッフだけでなく
―――――――――――――――

つまり、
全ての企業には

お客様だけではなく、
社員やスタッフだけでもなく、

金融機関・行政・地域社会
などなど

様々なステークホルダーの存在
があって、

それらの人や団体との
因果関係があって
企業が成立しているのであれば、

それらの人や団体全てを満足
させることこそが

企業の存在意義

・・・なのでは!?

なんて書くと
やや大げさですが。
(笑)

―――――――――――――――
コレから必須な視点でしょ!?
―――――――――――――――

反対に言えば
従来のノウハウやメソッドでは
商品・サービスが売りにくい今、

従来、あまり気にしていなかった
ステークホルダーに目を向け
様々な因果関係を読み解き、

それらの人や団体を
喜ばせる、満足させる

というコトこそが

新しいビジネスのスタイル

かもしれませんよね!?

ぜひ、この機会に

あなたが
あなたの
ステークホルダーに
どのような形で

お役に立てるのか
喜ばせられるのか
満足させられるのか

ご検討してみてください!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。