スタッフブログ

物語のチカラと地域資源を活かしたマーケティング

2019年08月30日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
コンテンツ・ツーリズム
―――――――――――――――

勉強不足のせい
かもしれませんが

コンテンツ・ツーリズム

という言葉を
先ほど、初めて知りました。
( ̄▽ ̄;)

ニュアンスが細部で
ビミョーに異なるようなので
解釈が間違えていたら
スミマセン。

いわゆる

聖地巡礼

のアレのコトですよね?

―――――――――――――――
ソコに辿り着くためには
―――――――――――――――

地域の活性には
ぜひ活かしたいネタです!

とは言え、
ソコに辿り着くためには

●制作者を誘致する
●制作者の目に留まる
(色々な段階を経て)
●作品が創られる
●作品がヒットする
●ファンが足を運ぶ

と、
かなりザックリ書いただけでも
ケッコーなハードルですよね?
( ̄▽ ̄;)

そこで最近は、

自分たちでコンテンツを創る

という事例が
できつつあるそうです。

―――――――――――――――
「自分たちで」と「コンテンツ」
―――――――――――――――

ソレってチョット、
興味深くありませんか??
( ̄▽ ̄)

自分たちで

とは、
自治体だったりする場合も
あるでしょうけど、

本当にそのまま
自分たち(=各社各店)

でも良いワケですよね?
(≧▽≦)

コンテンツ

とは、
映画やアニメ作品など、

ソレ相応の
ノウハウやら予算やらが
必要なモノ

でなくてはいけない理由、
ありませんよね!?

―――――――――――――――
ノウハウやお金が無くても!?
―――――――――――――――

一方で、

ソレが
YouTubeの動画であろうと
ブログ小説であろうと
電子書籍であろうと
オリジナルソングであろうと
4コマ漫画であろうと
紙芝居であろうと

 物 語

でなければならない
と思います。

つまり、
自治体のPR動画でもなく、
まちおこしの「●●●音頭」
みたいに直球でまちをPR
するのでもなく

あくまでも
当該地域は物語の舞台であって、

その物語が面白い

というコトが大前提です。

例えるなら、
サザンオールスターズの
名曲の数々がソレですよね!
(≧▽≦)

―――――――――――――――
案外、そうでもないのかも!?
―――――――――――――――

もちろん、
自分で物語を創る

って考えると
一見、ハードルが高そうに
思えますが、

YouTubeなんかを
ザッと見渡しただけでも

案外、そうでもない

・・・かもしれませんよ!?
( ̄▽ ̄)

―――――――――――――――
チョット前に流行ったアレっぽく
―――――――――――――――

また、
必ずしも自社自店だけ、

あるいは
あなた1人でやらなければいけない
ワケでもありません。

仲間と創る

ってコトだってアリですよね!

何年か前に流行った

恋するフォーチュンクッキー

みたいな感じ
かもしれませんね!
(≧▽≦)

っつーか、
みんなで創るんだったら、

創るコト自体がPRに
なっちゃうのでは!?
( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
どんなまちにもあるんです!
―――――――――――――――

何はともあれ、1つ言えるのは

「地元」って、
オンリーワンを伝えるのに
ケッコー良い素材だし、

一見、
盛り上がっていないような印象の
地域であれば、

希少性がある

ってコトだし、

どんなまちにもPRに使える
観光(?)資源やネタ、

必ずありますからね!
(≧▽≦)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。