スタッフブログ

リアルでは体験と交流を提供し、モノはネットでする事例

2019年08月01日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
チョット小耳に挟んだ話
―――――――――――――――

この前、
チョット小耳に挟んだ話です。

あまり詳しくありませんが

いわゆる

D2C
(ダイレクト トゥ
コンシューマー)、

つまり
中間流通を省略することで
コストを大幅に(?)削減する
モデルの話なのですが、

ココではソレが核では無いので
一旦、頭の片隅にでも
置いておいてください。
m(__)m
―――――――――――――――
従来の(?)D2C
―――――――――――――――

で、
興味深かったのは、

そのD2Cに取り組んでいる
ある企業の独自のモデルです。

通常・・・、
という言い方が適切か
分かりませんが

D2Cを始める際、

最初はネットで販売し、
そこで反応が良ければ

実店舗など、
リアル販売を展開する

というパターンが多いそうです。

―――――――――――――――
その逆を行くモデル
―――――――――――――――

なのですが、その企業は、
ある意味、
その逆を行っている
のだそうです。

つまり、
最初に店舗での販売を行い、

そこからネット販売に
繋げている、

というコトです。

どういうコトかと言うと。

―――――――――――――――
その商品があるライフスタイルを
―――――――――――――――

店舗での販売と言っても、

ただ商品を並べて
お客様が買ってくださるのを待つ

というスタイルではなく、

お客様に
その商品の良さを知っていただく

もう少し言うならば

お客様に
その商品があるライフスタイルを
体験していただく空間

として、
リアルの店舗を位置付けている
とのコトです。

―――――――――――――――
リアルからサブスクリプション
―――――――――――――――

で、
その商品・・・、
というか

その商品があるライフスタイル

に魅かれたお客様には、

ソレ以降は
ネットから購入いただく、

あるいは
会員登録をしていただき

定期的に商品をお届けする
(サブスクリプション・モデル)

という流れを作っている
とのコトです。

―――――――――――――――
リアルでなければ出来ない価値
―――――――――――――――

云わば、

店舗は
(本当の意味での)
アンテナショップ

というコトですね。

モノとしての商品は
ネットで購入していただき、

リアルの店舗では

体験・交流という
リアルでなければ出来ない価値を
提供する

というモデルですね!

そういうお店が商店街に
たくさんできたら
楽しそうですよね!
(≧▽≦)

―――――――――――――――
様々なビジネスでも応用可能?
―――――――――――――――

・・・というか、

商品(またはサービス)の
提供はネットから、

その商品の本来の楽しみ方は
(店舗など)リアルの場で

というモデル、

案外、様々なビジネスでも
応用できるのでは
ないでしょうか??

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。