スタッフブログ

トキ消費の価値観~ステイタスよりワクワク感

2019年07月10日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回は、

今、
そしてコレからの消費のトレンド
として注目されている(?)

トキ消費

について、
書かせていただきました。

若年層を中心に

・非再現性
・参加
・貢献

というコトに価値を感じる
傾向が強くなっている、

とのコトですが、

ソレは決して
従来の価値と打って変わって
新たな価値が現れた
というワケではなく

従来からあったある側面

が強調され、
ソレを価値と感じる人が
増えているのでは

というコトを
書かせていただきました。

―――――――――――――――
人生で一番高い買い物の昔と今
―――――――――――――――

という説明の後だと
少しフィット感が
薄いかもしれませんが
(苦)

チョット見掛けた
ある記事の内容が

トキ消費

のイメージを
物語っていたように思えたので
シェアします。

昔と今で、
不動産を購入する人にとっての
価値の違い

みたいなコトがチラッと
書かれていました。

※僕の解釈で書き直してます。

―――――――――――――――
ステイタスよりもワクワク感!?
―――――――――――――――

その記事によると

かつては
不動産を買うコトによって
将来の値上がりを期待したり

あるいは、

家を買ったというステータス

という価値観が大きかった。

でも、今は

家はリフォーム
(=自分流のカスタマイズ)や
バーベキューなど

暮らしを楽しむためのアイテム

という価値観で
購入する傾向が強い、

との事でした。

―――――――――――――――
こんな話も聴きました
―――――――――――――――

もちろん、
全ての人がそうではない
でしょうけど、

たまたま、
別の人の話でも

実家を売却する際に
従来の立地や広さで
売ろうとしたら
全然、売れかなかったけど、

まさしく↑のようなポイント、

つまり
この家で子供たちと
庭で遊んだり
バーベキューしながら
子育てできたら
楽しいと思いませんか?

という売り方をしたら
スグに売れた

という話を
聴いたことがあります。

―――――――――――――――
機能はその時間を得るための手段
―――――――――――――――

ソレってつまり、

従来、最優先されていた

立地や築年数などの
機能的な価値以上に

ソレがあることによって
得られる喜び

もう少し具体的には

大切な人との想い出づくり

もしくは

自分にとっての
価値あるモノやコトについて
一緒に分かち合える同士
(知り合いとは限らない)
との時間

みたいな価値が
今まで以上に重宝されている

と言えるのでは
ないでしょうか?

自社自店の従来の価値を
↑に置き換えられるか否か


とても大切になりそうですね。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。