スタッフブログ

サブスクリプション・モデルで「元」を取らせるファンづくり

2019年06月29日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
引き続き、考えてます
―――――――――――――――

先日、ココでも
書かせていただきましたが

今、既にはじまっており、
今後、新常識の1つに
なっていくであろう

サブスクリプション・モデル

について

研究・・・、
というと、やや大げさですが
(汗)

引き続き、
アレコレと考えております。

―――――――――――――――
クライアント様の反応
―――――――――――――――

実際に、
クライアント様にも
提案させていただいたりも
しているのですが

その際の反応としては

「オッ!
ソレ、いいね!
すぐにやろー!!」

・・・とは、
ナカナカなり得ないワケです。
(泣)

なぜならば、

お客様がそのシステムに
納得してくれる気がしない

というコトが
主な理由だそうです。

―――――――――――――――
やっぱり、魅力はアレですね!
―――――――――――――――

前にも書いたと思いますが、

買う側にとって

サブスクリプション・モデル

の大きな魅力の1つは

 ●●●放題

ですよね。

大きな魅力の1つというか、

●●●放題があるから契約する

という人も
少なくありませんよね?

―――――――――――――――
多分、誰もがそう思う
―――――――――――――――

主目的が
●●●放題であっても無くても
契約した以上、

そして、
その契約に●●●放題という
特典(=権利)が付いているので
あれば・・・、

元を取ったろ

的な考えが
当然の如く、湧きますよね!?
( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
ビュッフェの法則(笑)
―――――――――――――――

この心理を

ビュッフェの法則

と名付けました。
(笑)

その名の通り、
食べ放題に挑む時の
心理状態です。

重要なポイントは

元を取ったろ

と思うというコトは

意識がコチラに向いている

というコトですよね!
(≧▽≦)

―――――――――――――――
お客様を満足させ続ける!
―――――――――――――――

逆に言えば、

お客様の意識を
コチラに向かせ続けるために

●●●放題に限らず、
その時々のお得な会員特典の
使い方を提案し続けて
お客様に元を取らせ続けるコトで

お客様の高い満足度を維持できる

つまりは
ズーッとファンでいてくださる
のではないでしょうか?

というか、むしろ・・・。

―――――――――――――――
その当然は、コレからも!?
―――――――――――――――

今現在の、

特に長くやられている
お店の商いなどの場合など、

サブスクリプション・モデル
どころか、

お客様に情報をお届けする
どころか、

来店してくださるも
お買い上げいただくも

全てお客様まかせ

なんてコトが
当然になっていませんか!?
( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
今後、あるべきモデルはどっち?
―――――――――――――――

少し極端に感じるかも
しれませんが、

↑の2つのモデルを比較しつつ

今後どうあるべきか

今一度、
考えてみるのに良い時期では?

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。