スタッフブログ

会長が直接、71,000人の従業員の話を聴く姿勢がある会社

2019年06月28日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
小耳に挟んだ話なのですが
―――――――――――――――

コレ、文字通り

小耳に挟んだ程度の情報

なので、
企業名などは伏せておきます。

イギリスで
従業員数・約71,000人ほどの
いわゆるコングロマリット
(複合企業)です。

同社では、
従業員一人一人が
会長にいつでも直接、連絡をして
意見を述べられるシステムが
あるそうです。
( ̄▽ ̄;)

多分、
「ルール」とか「仕組み」
みたいな意味でのソフトと

現実的なシステムとしての
ハード


両方の意味だと思います。

―――――――――――――――
ソレがあると、意外にも!?
―――――――――――――――

で、面白いのが、
このようなシステムがあると

意外と連絡なんて来ない

らしいです。
( ̄▽ ̄)

連絡が来ないんだったら、
そんなシステム、
要らないのでは!?

と考えそうなのですが、

こういうシステムがある

つまり
一人一人の話を聴く姿勢がある

というコトで
従業員は
存在を認められている気がして
安心して働けるそうです!
(≧▽≦)

―――――――――――――――
ソレはスゲェー!と思いつつ
―――――――――――――――

という話を聴いて

スゲェーな!
と思ったのですが、

後になってよくよく考えると、
チョット大胆すぎて(?)
ロジックが分かりにくい気が
しませんか?
( ̄▽ ̄;)

というコトで、

よくありがちな
逆のパターンで考えてみました。
(笑)

―――――――――――――――
やってらんねぇーなぁーと思う時
―――――――――――――――

僕に限らず、
上司部下の間に限らず、

例えば
何かの会議でも
お客様へのプレゼンでも

認めてもらえてないなぁー

とか

やってらんねぇーなぁー

とか思う時って
(笑)

話を聴いてもらえない時

もっと言うと

話を聴く姿勢が無い時

ではないでしょうか??

―――――――――――――――
では、自分自身はと言えば?
―――――――――――――――

一方で、

自分がやられて
イヤな想いを
しているクセに・・・、

意外と(無意識も含め)
人には、やっちゃってませんか?

( ̄▽ ̄;)

正直、
自分にとって耳が痛かったり
都合が悪かったり、

あるいは
自分が考えている方向と
違ったり
明らかに的外れな意見や、

さらには

いっつも
そんなコトばっかり言う人
であれば、

その人と関わるコト自体が
イヤになるコト、

ありますよね!?

・・・僕だけだったら、
スッゴイ印象、悪くなりますが。
σ( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
だから、逆にするコトが大切
―――――――――――――――

でも、ソレって、つまり、
その人を認めていないワケで、

その人からしたら

やってらんねぇーなぁー

になるワケで、

逆に言えば

いつでも話を聴くよ

の姿勢さえあれば

真逆の印象を与えられて
良い関係を築ける・・・、

可能性が高くなる!?

というコトですよね。

―――――――――――――――
お客様に対しても・・・
―――――――――――――――

ソレって、
身内の話だけでなく、

お客様に対しても同じ
ですよね!?

クレームなんて
普通にイヤだし、

おせっかいなお客様の
素人の思い付きの勝手な意見
なんか聴きたくありませんよね?

でも、
そこに大きなヒントがあるかも
しれないし、

ソレらの人の意見を聴く姿勢を
持つだけで

印象や反応が変わる可能性は
多々ありますよね!
(≧▽≦)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。