スタッフブログ

想いを軸に、自己資源をベースに、時代に合わせて変化する老舗企業の事例

2019年06月27日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
かつては材木商、そして今は
―――――――――――――――

ちょっと記事で見掛けただけで
縁もユカリもない会社なのですが

スゴク良い!

と思ったのでシェアします。

江戸時代は材木商、

昭和30年代に「衣紋掛け」を
作るようになり

フラフープが流行った時代には
日本で最初の
プラスチック製ハンガーを
製造し、

高度経済成長時代には
空気成形の
ブローハンガーを開発。

バブル崩壊後の
ファーストファッションの
時代には

クローゼットにたくさん収納
するための
薄くて滑らない
低価格のハンガーを。

―――――――――――――――
その会社とは
―――――――――――――――

そして今、

消臭抗菌効果のあるハンガーを
開発を機に

その技術を応用した

鉄製カード型消臭剤

を開発し、
クラウドファンディングで
資金を集めているそうです。

あ。
東京・墨田区にある

東京ハンバー株式会社

という
老舗企業のお話です。

―――――――――――――――
時代の変化に対応する、とは
―――――――――――――――

同社のホームページを拝見すると

時代の変化に即した商品造りに
注力してまいりました

と書かれています。

まさしくその通りですよね!

ただし、
ソレは

その時代、時代の売れ筋を
どこかから仕入れて
売ってきた

というコトではなく、

創業時から受け継がれてきた

 想 い

を軸に、

自社が培ってきた
知識や技術やノウハウ、
経験・体験などの
自己資源をベースに、

その時代・時代に合わせて
チューニングしてきた

というコトですよね。

―――――――――――――――
一番悪いのは・・・。
―――――――――――――――

さて、
僕たちはと言えば・・・。
( ̄▽ ̄;)

時代が悪い
景気が悪い
政治が悪い

ってな声が相も変わらず
ホントに良く聴こえてくるワケ
なのですが、

一番悪いのは

コレだけ変化の激しい時代に
変われない自分たち

以外の何者でも
ありませんよね・・・。
( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
益々、激しい変化の時代に
―――――――――――――――

さてさて。
今後、益々、時代の変化は
激しさを増していくワケですが

人口減少・少子高齢化・
労働力不足・AI・
ダイバーシティ・気候変動・
アジアの発展などなど、

従来の当たり前が
まーったく通じなくなる時代、

あなたの自己資源を
より一層、活用できるのは

どのようなシーンでしょうか?

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。