スタッフブログ

「共創のマーケティング」時代のネーミング企画

2019年06月24日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
2019年6月24日0時発表!
―――――――――――――――

本日午前0時、

スターウォーズ・エピソード9
THE RISE OF SKYWALKER

(2019年12月20日公開)

の邦題が発表されましたね!
(≧▽≦)

『スカイウォーカーの夜明け』

だそうです。

嗚呼・・・。
(ー_ー;)

※個人の感想です。

―――――――――――――――
チョット、話は逸れますが
―――――――――――――――

話は飛躍しますが、

 共 創

なんて言葉が
コレからのビジネスのキーワード

なんて言われています。

従来のように

事業者が商品・サービスを
消費者に提供する

というコトではなく

お客様・・・というより
「ファン」と一緒に

商品・サービス・・・というより
「ブランド」を創っていく

という
マーケティング・コンセプト
ですね!

―――――――――――――――
ファンと一緒に創る、とは
―――――――――――――――

とは言え

ファンと一緒にブランドを創る

って言われて
ピンと来る人もいるかも
しれませんが

そうでない人もソレ相応に
いらっしゃると思いますので

ザックリと説明するならば

お客様の声に耳を傾ける

という以上に
シッカリとお客様と
コミュニケーションを取りつつ

一方的にお客様の要望を
受け入れるだけではなく

事業者の理念や考えも伝え
理解を求めつつ

絆を深めつつ

強いブランドを創っていく

という感じでしょうか?

―――――――――――――――
コレは、間違いありません!
―――――――――――――――

とは言え

取り組める規模や内容は
事業の規模・業種・業態によって
様々で

こうするコトが正しいやり方

みたいなコトは
(今のところ?)
ソレほど無さそうです。

間違いなく言えるのは

そのようなコミュニティに
参加したいと思うファンを
育てていくコトが
非常に大切

というコトですね!
(≧▽≦)

―――――――――――――――
例えば、アノ作品の邦題も・・・
―――――――――――――――

以下、僕と同じ印象の方が
大多数ならば、という前提です

ところで、
冒頭のスターウォーズ9の
邦題ですが、

共創の考え方で

ファンと一緒に邦題を考える

みたいな企画があったら
どうなっていたでしょうか?
( ̄▽ ̄)

あ、くれぐれも
映画製作会社のノウハウを
1mmも知らない素人の
思い付きですが。

―――――――――――――――
ソリャ―、加熱もするでしょう!
―――――――――――――――

↑のような企画から
生まれた邦題であれば、

ソレが良いか悪いかには
全ッ然、関係なく

ソコに参加した人たちの
「ファン度」は
益々、加熱するでしょうし、

映画の話題性だって
一層、高くなるコトは
間違いありませんよね!
(≧▽≦)

―――――――――――――――
御社にだって導入できます!
―――――――――――――――

スターウォーズに限らず、
あなたの商品・サービスの
ネーミングだって、

 共 創

できるんですよ!

もし、今、
商品・サービスのネーミングを
あなたの思い付きのみで
作っているなら

試してみる価値、
大いにアリですよ!
(≧▽≦)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。