スタッフブログ

店舗型ビジネスのサブスクリプション・モデル

2019年06月20日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回は、

今、かなり広がりつつあり
今後、益々、業界を越えて
浸透していくであろう

サブスクリプション・モデル

の概要と

ソレが広がっている背景に

消費者心理の変化
●テクノロジーの進化
●それに伴う企業の戦略

が絡み合っている

というコトを
書かせていただきました。

―――――――――――――――
ナンと言ってもコレが魅力!
―――――――――――――――

で、

サブスクリプション・モデル
の魅力と言えば、
何と言っても

 放 題

なワケで、

例えば

スマホやwifiの通信量
使い放題だとか

音楽・映像配信サービスの
聴き放題・見放題

が身近な感じですよね。

―――――――――――――――
「放題」で、なくちゃダメですか
―――――――――――――――

一方で、
その最大の魅力である

 放 題

が壁になって
参入しにくい業種もあると
少なからずあると思います。

特に店舗のビジネスなんて

 放 題

は、
むしろ避けたいくらい
ですよね!?
( ̄▽ ̄;)

なのですが。

―――――――――――――――
店舗ビジネスの場合
―――――――――――――――

だからこそ、
とも言えるのかもしれませんが、

既に
サブスクリプション・モデル
を導入している店舗って、
ボチボチ出てきているそうです。

例えば、
カフェなんかでは

全てのドリンクが無料

というプランもあれば、

全ての商品が○割引になる

というプランもあるそうです。

↑コレは結構、
導入しやすいですよね!?

―――――――――――――――
「ならでは」の悩みも
―――――――――――――――

ある居酒屋さんでは・・・、

全てのドリンク飲み放題

なんてコトをしているお店も
あるそうです。
( ̄▽ ̄;)

※ただし、
食事を2品以上、注文するコト

一方で、

店舗が
サブスクリプション・モデルを
導入する際、

一定の会員数が集まったところで
募集を中止せざるを得ない

という悩みもあるそうで、

この辺りは
無制限に対応できる(?)
スマホやコンテンツ配信とは
異なる苦しみですよね!?
( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
とてもとても大きなメリット
―――――――――――――――

とは言え、

あなたのビジネスが

ある程度で募集を
中止せざるを得ない業種
なのかどうかはさておき、

ソレだけ会員が集まる
というコトは

毎月毎月、
安定した売り上げが立つ

というコトになるので、

経営的には
とてもとても大きなメリット

ですよね!
(≧▽≦)

―――――――――――――――
もう1つ、重要なポイント!
―――――――――――――――

で、もちろん、ソレは

サブスクリプション・モデル

を導入する上で
とてもとても重要なポイント

なのですが、

ソレとは別に、
特に中小企業や小規模事業者が
コレの導入を検討する際には

是非是非、
意識していただきたいポイント
があります。

が、
ソレについては
次回に続きます!
(≧▽≦)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。