スタッフブログ

「ならでは」を面白く表現し、目の前に置く

2019年06月11日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回は、

例えば、
地元に昔からあるお店が
テレビで取り上げられると

ソレまで
そのお店に行ったコトもない

あるいは

そもそも、
お店の存在自体、知らなかった

としても
今スグ、そのお店に行きたくなる

みたいなコトがありがちで、

ソレは
テレビのチカラも然るコトながら

ソコで伝えられている内容が
魅力的だから

というコトが大切なポイント

というコトを
書かせていただきました。

今回は、

その、
お客様が行動したくなる魅力

って何だ?

というお話です。

―――――――――――――――
○○ゴトに思わせるコトです
―――――――――――――――

例えば、
あなたがお店を営まれていて

そのお店の前を多くの人が
素通りしていく、とします。

そもそも、
お店の前を素通りするお客様
というのは

・自分とそのお店は関係ない
・なので、お店に入らない

と、考えるまでもなく
決めているワケです。

つまり自分事ではない、
と決めているワケですね。

で、あるならば、

自分事に思わせるコト

が大切ですよね?

―――――――――――――――
自分事に思わせる、とは
―――――――――――――――

で、自分事って、
どんなコトなのかと言えば、

例えば、
誰かにSOSを求める時、

「誰か助けてください!」

と言っても、
多くの人が素通りするのでは
ないでしょうか?

無意識に、

自分じゃなくても良いよね?

と考えるからだそうです。

ソレを

「ソコの●●●な洋服を着た
身長▲▲▲くらいで
年齢■■■くらいのあなた、
助けてください!」

と言われたら、
恐らく、
「自分のコト!?」と
思いますよね!?
( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
ソレと同じように
―――――――――――――――

広告で良く見掛ける

●●●でお悩みの方、

みたいなのは、
まさしくソレです。

で、

少し飛躍する、
もしくは違う話みたいに
思われるかもしれませんが、

本質的には全く同じコトで

その人が
興味を持つ(であろう)コト

を伝えれば良いワケです。

ソレは、
今、興味を持っていなくても、
その人にとって無意識であっても

興味を持つ(であろう)コト

で良いのです。

―――――――――――――――
前からそうは思ってなかったハズ
―――――――――――――――

例えば、
テレビのグルメレポートなんかで
良くある

辛さ○○○倍にした
とか

△△△のチョコミント味
とか

(良く分かりませんが・笑)
色々、ありますよね?

そういうのって、

「ズーッと前から
ソレを食べたかった!」

と思っていたワケではなく、
その番組を観てソソラレるワケ
ですよね?

―――――――――――――――
突飛なコトでなくて良いです
―――――――――――――――

くれぐれも、
そのために
突飛なコトや斬新なコトを
はじめましょう、

というコトではありません。

あなたならでは

こそが

お客様が行動したくなる魅力

であって、

ソレを

「エッ、何ソレ!?
オモシロい!!」

と思わせるように表現して
道行く人の目に留まるように
発信してください!
(≧▽≦)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。