スタッフブログ

市場 × 経営資源 × 仕組み で創られた秀逸なビジネスモデル

2019年05月14日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回は、

今、注目の新ビジネスとして

退職代行サービス

について
書かせていただきました。

初めてソレを聴いた時は

退職の意思くらい
自分でシッカリと伝えなければ
ダメでしょ!

なんて思っていましたが、

何事もそうであるように

コレも僕の常識の尺だけで
測ってはいけないようで。

―――――――――――――――
秀逸なビジネスモデル
―――――――――――――――

う~ん。
唸っちゃいます。

たしかに秀逸ですね、
このビジネスモデル。
( ̄▽ ̄;)

ビジネスの定義が

誰かの不満や悩みを解消したり
何かしらの欲求を満たすモノ

であって、

マーケティングの基本が

今まで誰もが見落としていた
市場を
掘り当てて深掘りして広げるコト

だとすると・・・、

見事に理に適ってますよね。
(汗)

―――――――――――――――
そーじゃないから必要なサービス
―――――――――――――――

もちろん、
退職と言っても様々なケースが
あるワケで

そもそも
円満な退社ができるのであれば
このサービスは不要ですが、

まぁー、
そうでない場合が圧倒時に
多いワケで・・・。

僕も学生時代のアルバイトも
含めれば

片手くらいか、
チョット足りないかくらいの
退職経験がありますが

僕個人の場合で言えば

今までの感謝を考えれば
とてもこのようなサービスを
利用するワケには行かなかった
場合と、

こういうのがあれば
使っていたかも・・・!?

と考えてしまう場合が。
( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
だったらプロに頼るのもアリ
―――――――――――――――

もう1つ。

僕の場合はいずれも
退職でトラブルが起きるような
ことはありませんでしたが、

そうでないケースが
多々あるワケで、

そうであるなら、いっそ、

知識と経験が豊富な
プロフェッショナルに
円満に話をまとめてもらう

という選択肢はアリですよね。

―――――――――――――――
だから、成立しているんです!
―――――――――――――――

つまり、
このサービスの秀逸なところは、

潜在的・顕在的なニーズがあり、

ソレに応える知識やノウハウ、
あるいは人脈等の経営資源を
持ち

ソレを仕組み化するコトで

ビジネスとして成立させている

というコトですよね!
(≧▽≦)

―――――――――――――――
当たり前・・・、ですか?
―――――――――――――――

↑こう書くと、

ごく当たり前のコトを
言っているだけのようなのですが

日常業務や従来の商慣習ばかりに
捕らわれていると

案外・・・、

でもなく
こういうチャンスを見逃すモノ
ですよね?

―――――――――――――――
このサービスに注目する理由
―――――――――――――――

だからこそ!

なんです。

僕が今回、
このサービスに注目した
理由の1つがコレなんです。

前回も書きましたが、
このサービス、

今、弁護士や司法書士、
行政書士が

ドンドン参入しているそう
なんです。

ソレの何が良いのか

について、
次回、書かせていただきます!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。