スタッフブログ

世界観・キーアイテム・コンセプトで魅力倍増の事例

2019年05月08日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
激烈な面白さでした!
―――――――――――――――

10連休の間に、
遅ればせながら観てきました。

翔んで埼玉
(笑)

そりゃー、もう
激烈な面白さ
でした!

コレ、
他の人も同じ感想か
分かりませんが

観終わった後の
爽快感がハンパなかったッス!
(≧▽≦)

―――――――――――――――
なぜ、そんなに面白い!?
―――――――――――――――

で、
何がそんなに面白かったのか
と言えば

もちろん、埼玉をはじめとする
東京を除いた関東各県の

ディスり

なワケなのですが、
ソレだけではないと思うんです。

むしろ、
ソレを際立たせるため、
光らせるための

土壌づくり・環境づくり
(=設定)が
シッカリしている

というコトが
作品の好評に大きく影響している
のではないか、
と思います。

―――――――――――――――
あくまでも架空の物語です
―――――――――――――――

まず世界観ですね。

物語は(一応)

都市伝説であり、
架空、つまりファンタジーの
設定なんです。

特に、
登場する地域名は
実在するモノとは
一切関係ない、

そうです。
(笑)

―――――――――――――――
効果的なキーアイテム
―――――――――――――――

もう1つは
キーアイテムです。

他県民が
東京に入るための通行手形

草加せんべい

千葉のピーナッツ

崎陽軒のシウマイ
(& ひょうちゃん)

などが

奇抜&絶妙なキーアイテム

として
物語に花を添えています。

―――――――――――――――
イタリア人も大爆笑
―――――――――――――――

そして何よりも

地域格差

というコンセプト。

コレって、万人の中に
刷り込まれているモノ
なのでしょうね。

その証拠に、
イタリアで開催された
映画祭でも大爆笑だった、とか。

―――――――――――――――
面白過ぎて(?)クレームなし
―――――――――――――――

その他にも

物語をリードする
極端な登場人物たち、

そして
センス抜群のデフォルメ

などなど、
様々な要素があっての
あのクオリティなのでしょう!
(≧▽≦)

意外にも(?)
アレだけディスって
クレームがない
のだとか。

面白過ぎるせい、
でしょうか!?
( ̄▽ ̄)

―――――――――――――――
人の心を惹きつける仕組み!?
―――――――――――――――

というコトで、

スッカリ映画の感想文に
なってしまいましたが
(笑)

次回、
『翔んで埼玉』を参考に

人の心を惹きつける仕組み

について
考えてみたいと思います。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。