スタッフブログ

チキンラーメンの法則 ~変えるべきモノと変えてはいけないモノ~

2019年04月01日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回は、
連続テレビ小説でも
取り上げられ
大いに盛り上がった

チキンラーメン

を題材に

60年を経た今も尚、

というよりも
益々、活発になっている

商品開発とプロモーション

について
書かせていただきました。

―――――――――――――――
ソレは大手企業だからできた?
―――――――――――――――

前回、取り上げた

たまごポケットや
お椀で食べるチキンラーメン、
0秒チキンラーメン、

あるいは
今や一部(?)のファン層は
当然のように行っている

オリジナルレシピがをNSで
拡散する流れ、

などなど、

一見、

チキンラーメンだから
大手企業だから出来るコト、

と考えてしまいそうなのですが

本質的には
業種や規模に関わらず
マネできるコトなのかも
しれませんよ!?
( ̄▽ ̄)

―――――――――――――――
その戦略を分析すると
―――――――――――――――

上記の
チキンラーメンの戦略って

・お客様の声を聴き取る
・ターゲットの行動を読み取る
・新しい楽しみ方を提案する
・時代に合わせた仕掛けをする

というコトですよね?

で、
ただただ↑ソレを
マネしようとすると

グダグダになりかねないと
思います。

チキンラーメンが様々な
商品開発やプロモーションを
成功させている

超重要なポイントが
ありますよね。

―――――――――――――――
ソレは、ナンといっても
―――――――――――――――

ソレは、ナンといっても

中心に
チキンラーメンがある

というコトです。

エッ?
何をそんな当たり前のコトを

という感じですか!?
( ̄▽ ̄;)

でも、考えてみてください。

僕たち、
常々モノにフォーカスしがち

って側面、ありませんか!?
( ̄▽ ̄;)

売れないとスグに

値下げしたり
新しい商品・サービスを
考えたり

ってなりませんか!?
( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
ソレだと看板商品は・・・
―――――――――――――――

ソレが全てダメではないし、
ソレが正解のコトも
多々あるかもしれませんが

ソレだけだと

定番商品・看板商品

は生まれにくいですよね。

ソレに対し、
チキンラーメンが行っている
様々な取り組みって、

こんな視点では無いかと
思いました。

―――――――――――――――
人 × チキンラーメン
―――――――――――――――

ズバリ!

人 × チキンラーメン

なのでは!?

この公式で、

一見、チキンラーメンに
興味を示さなさそうな層を
振り向かせるには

どのような
アレンジやプロモーションが
効果的なのだろう?

という視点
なのではないでしょうか?

ピン!
とくるところがあれば、
是非、
↑の公式をお試しください!
(^^)v

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。