スタッフブログ

集客ツールとしての名刺に氏名・連絡先は必要なのか?

2019年03月27日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回は、今、twitterで話題の

#一番似ている二人をアップした人が優勝

など、SNSを事例に

様々なツールが使いようによって
便利にもなり凶器にもなる。

また、
僕たちは習慣から
ツール1つ1つの
役割や可能性を

○○○はこういうモノだ

と決めつけているけど、

各々のツールが

まだ見ぬ可能性を
秘めているのでは!?

という主旨のコトを
書かせていただきました。

今回は、ソレについて
只今、僕自身が試行中の

日本のビジネスマンなら
多くの人が利用している
あのツールを題材に
考察してみます!
(^^)v

―――――――――――――――
在庫切れがキッカケで
―――――――――――――――

あのツールとは、
名刺のコトなのですが。
(笑)

実は、
名刺のリニューアルを
検討している内に・・・、

在庫を切らせてしまいました。
( ̄▽ ̄;)

とは言え、

諸事情があり(?)
従来の名刺を
増刷したくはないんです。

ソレにも拘らず、
リニューアルのデザインは
まだ決まっていません。

そこで考えたのが。

―――――――――――――――
名刺交換のその後あるある
―――――――――――――――

名乗らない名刺

でした。
(笑)

名刺の主な目的が
(連絡先などの)
情報交換であるならば、

僕の情報を
相手が知るコトさえできれば

従来の形式(?)である必要も
ないし、

大体、名刺って
キチンとした人でも
受け取った後は名刺用の
フォルダに入れたり、

スキャンして
データベースにしたり、

というくらいで

ソレ以降は、
その人と名刺の接点って
ほぼほぼ無くなりますよね!?
( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
もう1つのあるある
―――――――――――――――

一方で、名刺交換した後、

Facebookなど、
SNSで繋がるコト、
良くありませんか!?

僕はソレなりにあるんですね。

だったら、
最初からソレ(だけ)を
案内すれば良いかな、

と思い、
名刺サイズのカードに
QRコードを印刷しました。

コレを読み込むと
Facebookのプロフィールに
飛ぶので、

相手が
Facebookのアカウントを
持っていてもいなくても

僕の情報は見れますし、
嫌で無ければ
Facebookの友だちにも
なってもらえます!
(≧▽≦)

【参照】名乗らない名刺

―――――――――――――――
名乗らない名刺の使い方
―――――――――――――――

で、只今、実験的に
ソレを「試用」しております。

使い方としては
従来の名刺と同様に
名刺交換の際、

相手:○○○と申します。
(名刺を差し出す)

山田:スミマセン。
実は只今、
名刺を切らせており。
(と、名乗らない名刺を渡す)

という感じです。

―――――――――――――――
その時、相手の反応は!?
―――――――――――――――

↑のようなやりとりで、
どのような反応が返ってくるかと
言うと・・・、

長くなってきたので、
次回に続きます。
m(__)m

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。