スタッフブログ

本質を見抜くチカラ

2019年03月23日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
開花を手放しに喜べない人たち
―――――――――――――――

桜にまつわる話が続きますが。
(笑)

前回も書いた通り、

(特に日本人なら)
桜が咲くって
誰にとっても無条件に
ワクワクするコトだと
思い込んでいますが

ソレはソレとして、

この嬉しい風物詩を
手放しで喜べない環境下に
身を置いている人もいるのだ、

というお話です。

―――――――――――――――
桜はいつ咲く?
―――――――――――――――

例えば、
さくら祭りの運営に携わる人。

コレだけ様々な技術が
発達している今でさえも

桜の開花時期の予想は・・・、

  賭け

ですもんね。
(―。―;)y~

当たるか外れるかで
人の出は大違いですから
当事者たちにしたら
大きな賭けですよね。

―――――――――――――――
さくら祭りは4月限定!?
―――――――――――――――

さらに。

この前、
テレビでチラッと観た話。

とある
さくら祭りの実行委員会では
自治体からの補助金で
イベントを運営しているため、

年2回の開催は
出来ないそうです。

どういうコトかというと

(桜の開花予想に合わせて)
ある年は4月、
その翌年は3月の開催、

みたいにはできない、
というコトです。
( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
新緑のさくら祭り
―――――――――――――――

ちなみに、
テレビに出ていた実行委員長が
主催するさくら祭りは、

毎年4月の開催と
決まっているそうで、
今年に関して言えば

花びらが
完全に散り終えた後の開催が
現時点で決定的・・・、
だとか。

コレって、
本末転倒だと思いませんか??

―――――――――――――――
分かるけど・・・、ねぇー。
―――――――――――――――

もちろん、理屈は分かりますよ。

でも
予算とか会計処理の問題
だけであれば
どうにでもなりませんか??
(雑な言い方ですが・・・)

だって、
さくら祭りの予算を
会計年度に合わせて
桜が咲いてない時期に開催する
って・・・、

本当に「適正」ですか!?

―――――――――――――――
僕たちだって、やっちゃってる?
―――――――――――――――

くれぐれも
行政の批判が
主旨ではありません。

僕たちに置き換えても、
この手の本末転倒や矛盾って

気付かないウチに
意外とやっちゃっていませんか?

というお話です。

―――――――――――――――
コレらもまた、本末転倒
―――――――――――――――

例えば、

↑のように
会計年度的な話で言えば

お客様としては
もう少し考えてから
契約をしたいところ、

決算月なのでゴリ押しして
買ってもらう、
とか

ノルマ達成のために
収益が無くなるくらいの
値引きをしちゃう、
とか。
( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
本末転倒 ~弊社の場合~
―――――――――――――――

僕の場合で言えば、
例えば販促ツールを作る際、

・効果があるであろう作り方
・お客様の要望

が矛盾するコトが多々あり、
その際、
どちらを優先するべきか

というあたり、

どちらが本末転倒なのか

に悩みます。
( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
本末転倒を未然に防ぐチカラ
―――――――――――――――

大切なのは
↑こういう事態に
オロオロしないように

本質を見抜くチカラ

を常に磨いておくコト
ですかね!?

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。