スタッフブログ

「懐かしむ人たち」に向けた販促の視点

2019年03月02日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
そんな時代なんですね
―――――――――――――――

日本は

キャッシュレス後進国

なんて
言われているそうですが

とは言え
確実に普及しているようで

お賽銭も
電子マネーで決済(?)
できる神社も増えつつある

とか。

まぁー、
慣れてないから

というだけ
なのでしょうけど・・・、

違和感は否めません

よね。
( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
やがて当たり前になる
―――――――――――――――

同じように

黒電話とか
改札の切符切りとか
商店街のガラポンとか

時代の流れで
何かが変わったり
無くなったりする時って

最初は違和感があるけど
ソレなりに馴染んで
その内に当たり前に
なっていくモノです。

―――――――――――――――
黒電話が販促アイテムに!?
―――――――――――――――

一方で、

(↑のように)
昔あったアレ

みたいのを
どこかでタマに見掛けると

オオオォーッ!

ってなりますよね!
(≧▽≦)

例えば、

「黒電話あります」

ってPOPがあったら、
ナンと無く掛けてみたく
なっちゃうかもしれないし
(笑)

セミナーやイベントの受付、
あるいはお店でクーポン券を
使う時など

チケットを切符切りで切ったら

響きませんか?
(≧▽≦)

―――――――――――――――
アノ人たちに響かせる調和力
―――――――――――――――

コレから益々、
変化が激しくなる時代に、

ソレらに何の抵抗も無く
順応できる人たちはともかく

昔は良かったよなぁー
(苦)

と物思いにフケがちな層には

心に響くアイテム

として活用できるのでは!?
(≧▽≦)

もしかしたら
コレから益々登場してくる
最先端のアイテムを
次々と
採り入れていくばかりでなく

アンティーク・レトロ・アナログ
をバランスよく採り入れる

調和力

も1つの強みになるかも
しれませんよね!?

―――――――――――――――
お賽銭の電子音は
―――――――――――――――

蛇足ですが。

お賽銭を電子マネーで
決済(?)する時って
やっぱり、
黒電話の着信音みたいに

チャリーン

っていう電子音が鳴るように
なるのでしょうか!?
( ̄▽ ̄)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
是非、ご登録ください!
<a href=”https://www.warau-kado.com/mailmag/acc.cgi?id=150328106091757″ target=”_blank”>物語型集客術メールマガジン</a>

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
<a href=”https://www.warau-kado.com”>https://www.warau-kado.com</a>

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
<a href=”https://www.facebook.com/waraukado.co/”>https://www.facebook.com/waraukado.co/</a>

◆山田浩和のFacebook
<a href=”https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58″>https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58</a>

◆集客したい人!まずはココから!
<a href=”https://peraichi.com/landing_pages/view/p5656″ target=”_blank” rel=”noopener”>ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座</a>
(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。