スタッフブログ

AIに支配される(笑)未来に向けて

2019年02月09日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回は、

2045年(が有力)に
人工知能が人類の能力を上回る
と言われているコトから

コレからの四半世紀を
考える材料として

コレまでの30年を
少しだけ振り返りました。

30年前に無くて今あるモノの
代表格がITで、

既に今、
パソコンやスマホを
使う・使わないを問わず

多くの人の生活や仕事に
多大なる影響を与えている
現実がある

というコトを
書かせていただきました。

―――――――――――――――
どうなる?コレからの四半世紀
―――――――――――――――

25~30年という時間が
そのくらい
社会を一変させるモノなのだ、
という現実を踏まえつつ、

人類以上の能力を持つ存在が
現れるまでの

コレからの四半世紀を

またまた
僕の独断と偏見で
(笑)

考えてみたいと思います。

―――――――――――――――
今も現在進行形で起きてますが
―――――――――――――――

ツキナミなところでは、

今まであった職業が無くなり
今までに無い職業が生まれる

というコトは

今も現在進行形で起きてるし
この後、更に加速して
起き続けますよね。

細かく言えば、

今ある業態が
新たな業態に代わっていく

というコトが
比率的に多いのでは
ないでしょうか?

―――――――――――――――
ライフスタイル軸の新業態
―――――――――――――――

例えば、
イメージしやすいところで言えば

ある専門店が
品揃え豊富になったり

反対に品揃え重視だったお店が
自店の強みに特化した専門店化
したり。

もしくは、
コインランドリーと
カフェの併設の事例のように

今の時代では
異業種・異業態とされている
ビジネスを

ライフスタイル軸で繋げた
新たな業態

というのも
たくさん出て来るでしょう。

―――――――――――――――
そして、こんなビジネスも
―――――――――――――――

一方、
全く新しいビジネスとしては

四半世紀に至るまでの
前半もしくは中盤あたりで

ロボットの使い方を指南する
インストラクター

ロボットを仲介する
コーディネーター

も登場するでしょう。

―――――――――――――――
こんな事例も増えるでしょう
―――――――――――――――

また、
全然、違う切り口のようですが

今後、確実に進むコトとして

・人口減少
・少子高齢化
・地球温暖化(による気候変動)

などの社会問題があります。

恐らく、
ソレらの課題に対して

ビジネスとして取り組む事例


今後、増えていくのではないか
と考えています。

―――――――――――――――
激しく変化していく一方で
―――――――――――――――

と、こんな感じで(?)

色々なモノやコトが
かなりの速度で
激しく変わって行くコトが
考えられますが

では、
変わらないモノって
無いのでしょうか?

次回に続きます!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。