スタッフブログ

ソーシャルなビジネスが求められているコトを示す3つの視点

2019年02月05日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
今、注目の番組
―――――――――――――――

決して
毎回、観ているワケでもなく

むしろ、
あんまり観たコトがない

と言った方が
的確かもしれませんが
(苦)

チョット気になっている
TV番組があります。

1つは

『ザ!鉄腕!DASH!!』の

グリル厄介

という
外来種を捕まえて
プロがキチンと調理する、

というモノと

もう1つは

『緊急SOS!
池の水ぜんぶ抜く大作戦』

という

全国各地(?)の池の水を抜き
外来種の駆除や池の清掃
などを行う

という2つです。

―――――――――――――――
僕だけではありません
―――――――――――――――

くれぐれも、

僕が
人並み以上に環境問題に熱心

というワケではありません。

でも、
こういう番組が企画されて
しかも話題になっている

=注目・支持している人が
ソレなり以上にいる

というコトですよね!

↑に挙げたのが、
たまたま環境に関する番組ですが

僕自身もたくさんお世話に
なっているので断言できますが、

メディアに取り上げていただける
確率が高いのは

圧倒的に

・地域コミュニティづくり
・まちづくり

に関するネタです!
(^^)v

―――――――――――――――
今、投資家はココを見てる
―――――――――――――――

と、いうコトは、
つまり、

世の中がそういう情報を
求めている

というコトですよね!

ソレは、メディアばかりでなく
投資家も同様だそうです。

従来、投資の判断基準は

いかに効率的に投資に対する
リターンを得られるか

というコトでしたが、

昨今、

いかに社会に役に立つビジネスか

というコトが
重要なポイントだそうです。

―――――――――――――――
社会に受け入れられる企業
―――――――――――――――

とは言え、

ソレは必ずしも
投資家の倫理観に依るモノ
ばかりでなく

国際社会が
その方向に進んでいて

ソレにまつわる規制も
強化されていく中、

その視点を無視したビジネスは
成長の見込みが無い

というコトだそうです。

というコトは、
逆に言えば

(やや大げさな言い草ですが)
社会的な取り組みをしている企業
こそが
社会に受け入れられやすい世の中

になりつつある、
というコトですよね!

―――――――――――――――
残念なお話
―――――――――――――――

一方で、先日聞いた残念な話
なのですが、

某フランチャイズ系飲食店の
経営者が
この透明性の高いSNSの時代に

あるプライベートの場で

「ウチのメニュー、
(コストを下げるために)
良くない食材を使ってるから
食べちゃダメだよ」

という主旨のコトを
話していたそうです。
( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
倫理の話・・・、でもなく
―――――――――――――――

倫理・道徳的なコトを
さておいたとしても

今の、そしてコレからの世の中、

影響力の大きい大企業は
もちろんですが

一方で、

小さなダメージでも
致命傷になりかねない
中小企業・小規模事業者は

絶対にNG

ですよね。

美し商い

やってきましょう!
(≧▽≦)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。