スタッフブログ

ソーシャル時代に機会を逃さないための視点

2019年01月30日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回は、

只今、
連続で書かせていただいている

世の中の様々な問題に対する

今・コレからの
中小企業・小規模事業者の
在り方

そして
ソレらに対応するコトで
なり得る

モテツヨ企業の創り方

に関連し、

高校生はじめ、

目上の人との接し方を知らない
未来の人材に対してできるコト

を投げ掛けました。

―――――――――――――――
ココ、注目してほしい!
―――――――――――――――

今回は、
僕個人としても
ぜひぜひ、

中小企業・小規模事業者に
耳を傾けていただきたい

地域コミュニティ

に関する課題です。

―――――――――――――――
システム疲労を起こしています
―――――――――――――――

従来、
地域コミュニティの中核を
担っていたのが

商店街や町内会・自治会

なワケですが、

(例外も多々あるものの)
現在は
高齢化・後継者問題・
未加入者の増加等々の原因により

その機能が低下する一方

と言って
過言ではないでしょう。

―――――――――――――――
こんな状況だからこそ!
―――――――――――――――

また、
NPOや市民活動団体も
熱心な活動がたくさんある一方で

資金やマンパワー、情報発信力
などなどの不足が

運営の大きな支障となっている
活動も少なくありません。

そして、
行政さえも人口減少等の影響で
痒いところにまでは
手が届きにくくなっている
状況です。

そんな中、
(個人的には)
中小企業・小規模事業者が
地域に目を向けるコト

とても
大きい意義を感じています!

・・・が。

―――――――――――――――
まだまだまだまだ!?
―――――――――――――――

CSRとか
社会貢献・地域貢献などという
言葉を用いると

まだまだまだまだ
誤解や誤認が強すぎる

という印象ですし、

その影響で

・実務で一杯一杯で
手が回らない
・予算が無い
・人手が無い

をはじめ、

ソレをやる
メリットが分からない

なんていう声も
少なからず聴こえてきます。

―――――――――――――――
モテツヨ企業になる機会喪失!?
―――――――――――――――

なのですが、
僕からすると、

その時点で視点がズレていて

そのコトによって

モテツヨ企業

になる機会を逃しているように
思えています。

―――――――――――――――
またまた次回につづく!
―――――――――――――――

というコトで、

何がどう違うのか

については
次回、改めて
書かせていただきます!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。