スタッフブログ

倫理的な問題を除けば非難されないビジネスの是非

2018年12月25日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
今回も、ソレにまつわる話です
―――――――――――――――

この何回か、

今、益々盛況の

C2C市場

と、
同時に問題視されている

転売

ソレに現在の
マーケティングコンセプト
である

社会志向

を絡めて
書かせていただいていますが、
今回もソレに関連して。

―――――――――――――――
2年半ほど前の事例ですが
―――――――――――――――

2年半ほど前、

一般社団法人
日本音楽制作者連盟

一般社団法人
日本音楽事業者協会

一般社団法人
コンサートプロモーターズ協会

コンピュータ・
チケッティング協議会

の4団体が共同で

チケット高額転売取引問題の防止

を求める共同声明を発表し
話題になったコトがありましたが

その際、
ある経済学者が

以下のようなコメントを
述べました。

―――――――――――――――
実在するある識者の言葉
―――――――――――――――

倫理的な問題などを除けば
転売は経済的には
非難されることはない

・・・。

倫理的な問題を
除いちゃダメでしょ。
( ̄▽ ̄;)

ちなみに、
ココで書きたいのは
転売そのものの良し悪しでは
ありません。

↑の通り

倫理的な問題

なんです。

・・・なんて言い方をすると、

ますます堅い話に
聴こえてしまうかも
しれませんが。
( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
売れるコトが正しい、って・・・
―――――――――――――――

恐らく、
↑の先生の感覚としては

価値があるモノが
高額で取引されるコトは
正しいコト

という程度の認識
なのでしょう。

くれぐれも個人的な意見ですが
ソレって、

戦後復興期の
プロダクトアウト(生産志向)

もしくは、
その後の製品志向

の時代の話に感じます。

売れるコトが正しい

という感覚ですね。

―――――――――――――――
ソレだけだと、コレが不足する
―――――――――――――――

でも、
例えば昨今、問題になっている

地元出身のアーティストを
特集した自治体の広報誌

芸能人のサイン

甲子園の砂

などを
転売目的で入手して
売るのって・・・、

味がありませんよね!?

そもそも、
本質ズレズレだし。
( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
結局、そういうコトなのでは!?
―――――――――――――――

倫理って、ある意味

この「味」のコトなのでは!?

そして、
今、
市場に求められているコトって

結局、
こういうコトなのでは!?

多分、
一見、堅く聴こえる

社会志向のマーケティング

も、結局、
そういうコトなのでは!?

なんて思いますが、
いかがでしょうか!?

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。