スタッフブログ

今だからこそ、相手をワクワクさせる一工夫

2018年12月18日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
平成最後の年賀状・・・、だけに
―――――――――――――――

年賀状の季節ですね!

・・・っていうか、
むしろ遅いですか!?
( ̄▽ ̄;)

と、言いつつも
年賀状離れの世の中です。

平成最後の年賀状

というのも
後押しになっているようで

いわゆる

終活年賀状

と呼ばれる
「今年で最後にします」
という主旨の年賀状が

シニア層を中心に
広がっているそうです。

―――――――――――――――
年賀状を卒業する理由
―――――――――――――――

主な理由としては

高齢により年賀状を書くのが
負担になった

SNS等で新年のあいさつを
済ませる

育児・介護等で年賀状を書く
時間が無い

などがあるそうです。

なので、
年賀状を卒業するコトを
一概に良いとも悪いとも
言えないのですが。

―――――――――――――――
せっかくの機会なので
―――――――――――――――

集客・販促・マーケティングの
視点からは

やはり、
この習慣は活用すべきでしょ!

というところです。

もちろん、

集客・販促・マーケティングの
視点と言っても

売り込みましょう!

という話ではありませんよ。
( ̄▽ ̄;)

年賀状なんていう
せっかくの機会に

シッカリと

相手をワクワクさせる一工夫

が出来たら、
心に残りますよね!
(≧▽≦)

・・・と言いつつ、
(弊社のは)
ソレほど楽しい年賀状に
なっていませんが。
(―。―;)y~

―――――――――――――――
プラスアルファ年賀状
―――――――――――――――

ちなみに、今年は

プラスアルファ年賀状

と言って、

受け取った人が

スタバのコーヒーを飲めたり
崎陽軒のシュウマイを
もらえたりする年賀状

が話題になっています。

チョット面白いですよね!
(≧▽≦)

―――――――――――――――
お得意様限定の特別な権利
―――――――――――――――

この
プラスアルファ年賀状的に

何か一工夫、考えてみませんか?

物語を売る商い的発想で

「誰にでも」でなくて良いし
モノをあげなくて良いし
割引でなくて良いです。

例えば、
お得意様で無ければ
分からないクイズを出して

お得様だからこそ
喜んでいただける

特別な権利

を差し上げる

なんて、いかがでしょうか?

―――――――――――――――
「ならでは」のプラスアルファを
―――――――――――――――

もちろん、
↑の通りでなくて構いません。

年に1度のこの機会を活用して

日頃、鍛えた販促脳を駆使して

あなたならではの
プラスアルファを試みてください!

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。