スタッフブログ

他社他店の事例を採り入れる時の3ステップ

2018年12月04日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
テーマパーク化とは言いましたが
―――――――――――――――

前回、以前あった

嘘のようなホントの話
として

今後はビジネスに

エンターテイメントの要素を
採り入れていくコト、

テーマパーク化していくコトが
大切

と伝えた時、

ウチには乗り物は置けないよ

という
衝撃的なリアクションが
返ってきた

というコトを
書かせていただきましたが。

・・・昨日も同様のコトが。
(―。―;)y~

―――――――――――――――
なぜ人は、餅つき大会に行くのか
―――――――――――――――

全国各地、
商店街をはじめ
様々なコミュニティで
様々なイベントがありますが、

集客がうまくいっているモノ
ばかりではありません。

僕が関わっている
「とある地元イベント」(笑)
もまた、

長いコト
集客の悩みを抱えています。

一方で、
この時期、各町内会などで
行われている餅つき大会などは

風物詩として毎年毎年、
多くの人で賑わっていますよね!
(≧▽≦)

そこで、

なぜ人は
餅つき大会には行くけど
僕たちのイベントには
来ないのか?

という問いを
↑の地元イベント関係者に
投げ掛けたところ・・・、

分かった。
ウチも餅つきをやろう!

という答えが返ってきました。
(汗)

―――――――――――――――
ソレ、実は良くある話です
―――――――――――――――

でも、
コレと同様のコトって、

僕たちもついつい
やっちゃいがちです。

例えば、
SNS広告が良いって聴けば
SNS広告に飛びつき、

Line@が良いって聴けば
Line@に飛びつくし、

ネット上に散乱している

「○○○だけでスグ稼げる」

的な話にもついつい
興味を持ってしまいがち、

という方も
少なくないのでは!?

―――――――――――――――
事例を活かす際のポイント
―――――――――――――――

もちろん、

他社他店の成功事例を
自社自店に採り入れる

という意味では
その実践力は素晴らしいの
ですが、

その時に気を付けないと
中々、成果に繋がりにくく
なってしまうコトがあります。

ソレが

抽象化

です。

―――――――――――――――
深掘り→抽出→アレンジ
―――――――――――――――

他社他店の事例を採り入れる際、

なぜ、
あの会社はソレをやって
上手くいったのか

と、

その理由を深掘りし、
「本質」を抽出し、
自社自店向けにアレンジし、

その上で実践するコト

が大切ですね!

その結果、

前述のような
SNS広告やLine@を
はじめとする様々なツールが
自社自店にも合っている

というコトであれば、

スグにでも採り入れて
実践するべきですね!
(≧▽≦)

―――――――――――――――
抽象化 & 置き換え力
―――――――――――――――

反対に、

その抽象化のステップを飛ばすと

・ウチに乗りモノは無理
・ウチも餅つきしよう

という判断になってしまう

というコトです。

この変化の激しい時代、
他社他店の成功事例を
自社自店に置き換えるコトは

とてもとても大切なので、

抽象化 & 置き換え力、
ぜひ鍛えていましょう!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。