スタッフブログ

「快心の一撃」よりも大切な活性ノウハウ

2018年11月29日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回は

活性

について
改めて掘り下げてみました。

良くある事例で

商店街の活性のために
イベントをやるものの、

商店街が活性した理想の状態を
描いた時、

イベントをやるコト

↑の理想の状態

とは
必ずしも直結はしない

というコトを
書かせていただきました。

では、
どうすれば(商店街に限らず)

活性

という理想の状態が生まれるのか
という話なのですが。

以下、
前々回に書かせていただいた
「活性」についての
アウトプットです。

―――――――――――――――
もう一度、前々回のアウトプット
―――――――――――――――

「活性されるとどうなる」

について、
(僕も含めた)
メンバーから出た
回答の一部です。

・人がたくさんいる
・会員同士の交流がさかん
・会員の顔が見える
・人と人がつながっている
・会う回数が多く
気心が知れている
・明るく楽しい
・和気あいあい

などなど。

そして、

「活性するためには」

についてが以下の通り。

・声を掛ける
・会員の声を聴く
・顔のあう機会を増やす
・会員1人1人との関係づくり

などなどなどなど。

※一部、言葉を抽象的に
翻訳しています。

―――――――――――――――
結局、そのまま置き換えられる話
―――――――――――――――

つまり、

活性された状態を作るために
やるべきコトは

・声を掛ける
・話を聴く
・顔を合わせる

をいうコトを繰り返して
人間関係を構築する

というコトですね。

↑の会議は
「活性」についての
議論でしたが

コレってつまり、
商店街や地域だけの話では無く

僕たち一人一人のビジネスに
ソックリそのまま

当てはまる話ですよね?
( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
活性された状態を創るために
―――――――――――――――

だいぶ大括りなまとめに
聴こえるかもしれませんが、

商店街も地域も、

そして
僕たちの個々のビジネスも

↑のような
「活性された状態」を創るコトが
大切で、

そのためには

イベントさえすれば良い

あるいは

・チラシ
・FAXDM
・SNS広告
・ランディングページ

などなど、

単発の販促活動をすれば良い

というコトでは無く、

ソレらを通じて
小さなコミュニケーションを
創り続け、

一人一人と
人間関係を構築していくコトが
大切

というコトのようですね!
(≧▽≦)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。