スタッフブログ

「間違いだらけ」とは言わないけど、誤認しがちな活性対策

2018年11月28日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回は、

先日参加した

神奈川県中小企業家同友会
横浜支部・横浜港支部の
一泊幹事会での
長い長い会議の中で改めて感じた

自分の中の当たり前を改めて
アウトプット&共有するコトの
重要性

について
書かせていただきました。

今回は、
そのアウトプット&共有した
テーマでもあった

活性

について書かせていただきます。

―――――――――――――――
しなければいけないモノだらけ
―――――――――――――――

商店街活性・地域活性・社内活性

などなど、

世の中、

活性しなければいけないモノ
だらけ

な印象ですが
(笑)

そもそも、活性って何?

というところを
掘り下げてみたいと
思います。

―――――――――――――――
イベントと活性の因果関係を探る
―――――――――――――――

例えば、商店街や地域の活性。

僕自身もそういう関わり方を
している活動もありますが、

良く聴こえてくるのは、

活性化のために
イベントをやろう

という声です。

くれぐれも、
ソレがいけないとか
間違えているという話では
ありません。

ただ、

イベントをするコトと
商店街や地域の活性の

因果関係

は、
キチンと意識しなければ
いけないかな、

と思っています。

―――――――――――――――
商店街や地域の活性とは!?
―――――――――――――――

例えば、

商店街が活性している

って、
どんな状態を指すのかを
考えます。

もしもソレが、

毎日毎日、たくさんのお客様が
商店街に足を運んで、

各店がお客さんで
溢れ返っている

というコトを指す場合、

イベントをすれば
↑の状態が実現するのか

という話です。

―――――――――――――――
イベントが成功したとしても
―――――――――――――――

実際のところ、
当然ながら
そんな簡単なモノではなく、

せいぜい、
イベントの集客に
成功したとしても、

イベント当日には
たくさんの人が訪れて、

その翌日には
また誰もいなくなった

というところが

現実的な話でしょう。

つまり、
イベント自体は
人を呼び込むキッカケには
なるものの、

(↑の例の場合)
ソレだけでは活性はしない

というコトです。

―――――――――――――――
活性の手掛かり・足掛かり
―――――――――――――――

では、
どうすれば活性するのか

という話ですが、
もちろん、そんなコト、
ココに解答はありませんが
(笑)

そのヒントが

前回の内容に
書かれているかと思います。

次回、ソレを振り返りつつ、

活性の手掛かり・足掛かりを
探ってみましょう!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。