スタッフブログ

目的を明確にすれば最適な手段を決められる

2018年11月20日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回は、

ゆるキャラグランプリ2018で
話題になった

組織票

について取り上げ、

ソレをしたところで
キャラクター自体に
実力(=魅力)が無ければ
ブランディングにはならない。

なのにソレをしてしまうのは
なぜか、

と考えた時に

抽象化

というキーワードが浮かんでくる

というコトを
書かせていただきました。

―――――――――――――――
「目的と手段」で考えましょう
―――――――――――――――

抽象化

という言葉、

↑の件については

目的と手段

と置き換えると
分かりやすくなるのでは
ないでしょうか!?

つまり、

自分たちのゆるキャラを

メジャーにしたくて
グランプリに参加し、

グランプリで優勝したくて

・・・組織票に走った、

と。
(ー。ー;)y~

―――――――――――――――
なぜ、目的は達成されなかった?
―――――――――――――――

結局のところ、
手段は成功した

つまり、
1位になるくらいの票を集めた

にも拘らず、

結果的には優勝も出来ず
メジャーにもなれなかった

というコトですよね。

というコトは、

目的達成のために
選んだ手段を間違えていた

というコトになります。

―――――――――――――――
「○○○のために」が大切!
―――――――――――――――

更に抽象化して
目的を掘り下げると

ゆるキャラ自体が手段の1つ

であって、
何のための手段なのかと言えば

まちおこし

ですよね!?
(多分。)

まちおこしのために
ゆるキャラという手段を使って

そのゆるキャラを
メジャーにするために

ゆるキャラグランプリに
参加して

ゆるキャラグランプリで
優勝するために

組織票に走った

というコトですね。

―――――――――――――――
B級グルメでも良かったのでは?
―――――――――――――――

というコトは、
間違えていたのは
組織票という具体的な手段
だったけど、

まちおこし

ゆるキャラ

ゆるキャラグランプリ

組織票

という流れを俯瞰すると
分かりますが

組織票に走らなければ
票が取れなかったのならば、

ゆるキャラグランプリに
必ずしも出る必要は無かった
かもしれないし

そもそも、
まちおこしの起爆剤が
ゆるキャラでなくてはならない
理由は(多分)ないし、

もしかしたら
B級グルメでも
良かったかもしれませんよね!?
( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
目的と手段の整理
―――――――――――――――

分かりますか!?

1つの取り組みを
抽象化していくと、
目的が見えてきます。

その目的のために
最適な手段を選ぶコトが
何事においても大切で、

販促なんて特に、

目的と手段

を明確に理解できていないと、

話題のツールやメソッドに
振り回されるし、

他社他店の事例を
自社自店に置き換える

というコトもできませんよね。

目的と手段の整理、
常日頃から意識しましょう!
(≧▽≦)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。