スタッフブログ

「お客様にとって価値あるモノを提供する人」だと認識させる

2018年11月17日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回は、

従来とは違ったシチュエーション
での営業案内

もう1つの事例として

郵便配達員の年賀状販売
を挙げさせていただき、

年賀状を売る配達員さんと、
売られる側の人とでは

認識のギャップが大き過ぎる。

なぜならば、
僕たちにとって郵便配達員さんは

郵便物を届けてくれる人であって
年賀状を売り込む人ではない

からであって、

ソレならばいっそ、
世間の認識を換えてしまえば良い

というコトを
書かせていただきました。

―――――――――――――――
認識のギャップが大きすぎるなら
―――――――――――――――

で、

世間の認識を変える

とは、どういうコトかと言えば

郵便配達の人は
郵便物を届けるだけでなく

(僕たちにとって価値のある)
様々なモノを売りに来てくれる人

と認識させる

というコトです。

―――――――――――――――
ソレだと、自分事にはなりにくい
―――――――――――――――

そこでヒントになるのが、
前回、書いた通り

・曳き売り(行商)
・御用聞きビジネス

なんです。

郵便局って、
色々なモノを売ってますよね。

でも、
大体は置いてあるだけなので、

せいぜい
待っている間に視界に入る
くらいで、

中々、

自分に必要なモノ

にはなりにくいのでは!?

―――――――――――――――
魅力を伝えながら売りに行く
―――――――――――――――

ならばいっそ、
配達員が配達のついでに
売り込みをするのではなく、

曳売り(行商)や
御用聞きビジネスのように

ソレらの魅力を
キチンと伝えながら売りに行く

そして、
ソコに集まったお客様の
ご要望を聴いてくる

なんてコトをして、
世間の認識を換えてしまえば
少なくとも、

思いがけず
イキナリ売り付けられた

という印象は
与えずに済みますよね!?
(≧▽≦)

※クドイようですが、
 くれぐれも
 郵便局へのダメ出しでもなく
 提案でさえもなく

 あくまでも
 あなたや僕自身への
 置き換えのヒントになれば、

という主旨での机上の空論です。

―――――――――――――――
でも、タダのタワゴトでもない?
―――――――――――――――

ちなみに、
曳売り(行商)って
聴きなれない方もいると
思いますが、

ココ、
横浜市保土ヶ谷区の
一部の地域では

農家さんが今も活発に
曳売りを行っており、

というか、
むしろ、
ソレがビジネスモデルの要
となっている農家さんもいます。

また、
御用聞きビジネスも現在、
どんどん市場が大きくなっている
と聴きます。

で、
あるならば↑の案も
決してタダのタワゴトでは
ないかもしれませんよ!?
(≧▽≦)

―――――――――――――――
お客様がほしくなってから売る
―――――――――――――――

というコトで、
コレの前に書いた

有料チャンネルの販売と同様、

お客様がほしくなってから売る

というのが
マーケティングの基本の
ようですね!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。