スタッフブログ

極力避けたい!ネガティブな印象からのセールス活動

2018年11月13日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
新しい(?)セールスモデル
―――――――――――――――

最近、始まったコトでは
無いのだと思いますが、

ココのところ、

(多分)
従来は無かった
シチュエーションで

売り込み・・・、
ではなく「営業案内」(笑)を
していただいたことが
立て続けにありました。

折角(?)なので

コレまた、
独自の視点と勝手な解釈で

好きなコトを
書かせていただきます。

―――――――――――――――
お客様と接する貴重な機会に!?
―――――――――――――――

1つ目は、
ケーブルテレビの通信状態の
調査時。

調査員(?)的な人が
契約者宅を訪問して、
ケーブルテレビの通信状態を
チェックした後、

有料チャンネル登録などを
オススメします。

多分、
契約者と接する機会が
限られてしまうビジネスモデル
なのでしょう。

なので、
↑のように

契約者様の自宅を訪問し
契約者様と顔を合わせて話す

という機会は
非常に貴重なのだと思います。

そこで、
その機会に商品の案内を

というコトですね!

―――――――――――――――
個人的にはそう思います
―――――――――――――――

もちろん、
実際の成約率なんて
知りませんし、
会社だって勝算があって
やられているコト
だと思います。

なので、くれぐれも
個人的な印象ですが、

↑は、

あまり上手くないかな

と思いました。

―――――――――――――――
多分、ソレが契約者の本音
―――――――――――――――

なぜならば、
契約者は

・この訪問のために
自宅待機しなければいけない
・訪問予定の時間設定が
○時~○時の間(3時間)
と幅を取り過ぎている
(調査は30分未満)
・契約者は本調査を
喜んで申し込んでいない
できれば申し込みたくない
仕方なく申し込んでいる

など、
ネガティブな印象で
調査員を迎える
ワケです。

※言い過ぎでしたらスミマセン。
( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
ソレは、即答しにくい提案です
―――――――――――――――

なので、訪問時、
契約者の気持ちは

もっとお話を聴きたい

ではなく、

早く終わらせてほしい

の方が強いと思います。

増して
毎月支払いが発生する類の商品
なので、

「いきなり」「ついでに」
提案されたモノに対して
即答はしにくいですよね!?

―――――――――――――――
次回に続く
―――――――――――――――

で、あれば、
ネガティブなモノを
1つずつ潰していくことで、

訪問自体がポジティブな印象
に変わり、

契約者にとって
何年かに1度しかない
新たな楽しみに
変わる可能性が

生まれるのでは!?

というコトで

次回、
思い付きレベルで恐縮ですが、

ネガティブをポジティブに
変える対策

を書かせていただきます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。