スタッフブログ

500万個売れたヒット商品のベネフィットとは

2018年11月06日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
2018年ヒット商品ランキング
―――――――――――――――

先日、

2018年ヒット商品ランキング
日経トレンディ選定ベスト30

が発表され、
話題になりましたね!
(≧▽≦)

まだ
ご覧になっていない方のため、
ランキングをコピペします。

1位 安室奈美恵
2位 ドライブレコーダー
3位 ペットボトルコーヒー
4位 ZOZO
5位 グーグルホーム
&アマゾンエコー
6位 漫画 君たちはどう生きるか
7位 aibo
8位 ケーブル バイト
9位 本麒麟
10位 NONIO

【参照】
日経X(クロス)トレンディ
https://trend.nikkeibp.co.jp/atcl/contents/18/00064/00001/

―――――――――――――――
世相を反映しているヒット商品
―――――――――――――――

「The 2018年」的なモノから、
「そんな商品、初めて知った!」
みたいなモノまでありますね。
( ̄▽ ̄;)

各商品について、
僕なりの「想うトコロ」を
書かせていただきたいところ
なのですが、

長くなるコト間違い無いので
一旦(?)省略しておきます。

ですが、
全体的な印象としては

非常に抽象的でザックリした
言い草になってしまいますが、

各商品、色々な意味で
世相を反映しているなぁー、
と。

―――――――――――――――
ソレらが無くても生きていける
―――――――――――――――

ソレを極々、端的に言えば

ソレが無ければ
衣食住に不自由する、

命が脅かされる

という類の商品ではない

というコトです。

もっと直球的な言い方をすれば

いずれも

面白いモノ・楽しいモノ・
ワクワクするモノ・
自分を成長させてくれるモノ

という印象です。

ドライブレコーダーだって、

“走る防犯カメラ”に
事故抑止を期待した人が殺到。

と書かれていましたが、
その一方で

モノ珍しさ

の影響は
少なからずありますよね!?

―――――――――――――――
無くても良いモノが500万個も!
―――――――――――――――

象徴的なのが

ケーブルバイト

なのですが、
僕に至っては

この商品の存在を
知りませんでした・・・。

なのですが、
コレが無くても
特に不便はしていませんし、

コレからも
(多分)買わないと
思います。

が、

累計販売個数500万個突破

だそうです。
( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
今、お客様が求めているモノは?
―――――――――――――――

というコトで、

くれぐれも、必ずしも

この路線でなければいけない

というコトではありませんが、

ココに1つ、

お客様が何を求めているのか?

を読み解き、
自社商品をヒット商品に
返信させるヒントが
埋もれているワケです。

―――――――――――――――
多分、断線しませんよね!?
―――――――――――――――

だって、
商品自体は断線防止グッズだし、

恐らく、
断線防止に役立つのだと
思いますが、

ソレが無くても
多分、
断線なんて滅多にしませんよ。
( ̄▽ ̄;)

なのに、
累計販売個数500万個突破
だそうです。

もちろん、
1人1つではないそうなので、

500万個=500万人

では無いと思いますが、
それにしても
とてつもない数の人たちが
コレを購入しているワケです。

ぜひ、この秘密、
読み解いてみましょう!
(≧▽≦)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。