スタッフブログ

心を揺さぶる「神話の法則」

2018年10月30日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回は、

ソレほど期待もしていなかった

『ミックス。』

という映画に

思いがけず(?)ドハマリした
理由を考えたところ、

物語の序盤でその世界に
引きずり込まれており、

1度そうなると、

共感・賛同・応援

の心理状態になっており、

後は何が起きても

不安・驚き・泣き・笑いと

作り手の仕掛けるがままに
心を動かされてしまう

というコトを
書かせていただきました。

―――――――――――――――
人の心を揺さぶる構成
―――――――――――――――

とは言え、
ソレは決して

ツカミさえ良ければ全て良し

というコトではありません。

この
『ミックス。』
という映画もまた、

至るところに様々な仕掛けを
施しているワケなのですが、

その中の1つが
ストーリーの構成です。

人の心を引き込み、
共感させ、揺さぶり、
心に焼き付ける

アノ物語の法則が
この作品でも
採り入れられていました。

―――――――――――――――
ヒーローズ・ジャーニー
―――――――――――――――

ハリウッド映画などでも
多々、採り入れられており、

神話の法則

とも呼ばれており、
ココでも何度か
お伝えしておりますが

神話学者の
ジョーセフ・キャンベル氏が
説いたその法則を

ヒーローズ・ジャーニー

と言います。

ザッと紹介すると、
以下のような流れになります。

―――――――――――――――
日常・越境・仲間・敵
―――――――――――――――

平凡な日常を過ごす主人公に
ある日、何かしらの事件が起き

本人の意思とは別に、
主人公はその事件に
深く関わっていくコトに
なります。

やがて、
覚悟を決めて事件解決に
動き出す主人公に
様々な試練が訪れます。

そんな中、
共に闘う仲間、
解決のヒントを与えるメンター、

主人公と違う立場で解決を目指す
ライバル、

そして倒さなければならない敵

などが登場します。

―――――――――――――――
最大の試練・復活・帰還
―――――――――――――――

そして、
物語はクライマックス。
決着の場に赴き、
最大の難関を乗り越え、
主人公は報酬を手にします。

その後、
力を使い果たして
決着の場を去ろうとする
主人公たちに
最後の試練が襲い掛かります。

絶体絶命のピンチを
奇跡的に乗り越え事件は解決。

やがて、
一連の冒険を経て成長した
主人公たちに
元の(または新しい)
平穏な日常が訪れます。

―――――――――――――――
ケッコー、あてはまりませんか?
―――――――――――――――

いかがでしょうか?

『ミックス。』はもちろん、

お好きな映画や小説の
ストーリー、

ピッタリとは言わないまでも
このパターンにケッコー
当てはまりませんか!?

そして、
その作品に
心を揺さぶられた経験
思い当たりませんか!?
(≧▽≦)

次回、改めて、
この法則の活用方法を
考えてみたいと思います。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。