スタッフブログ

ファン化と離脱の分岐点

2018年10月11日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回は、

そもそも、
お客様に興味を持って
いただかなければいけない理由は

(究極的(?)には)
ビジネスを強くするため
であって、

今の時代、そのためには

あなたの商品・サービス

もしくは
あなたのビジネスそのモノを

愛して止まないファン

を創り続けなければ
いけないし、

そのためには
お客様のライフスタイルに

あなたのビジネスが
組み込まれるまで

冒険の物語やRPGのように、

お客様に
次へ次へと行動して
いただかなければいけない

というコトを
書かせていただきました。

―――――――――――――――
もしも、分かりにくいのなら
―――――――――――――――

・・・分かりにくい、

でしょうか!?
( ̄▽ ̄;)

では、
少し誤解を与えかねないの
ですが、

ソレを恐れず
お伝えしてみます。

―――――――――――――――
2回目→3回目が命だそうです
―――――――――――――――

飲食店では、
3回リピートしてくれると
固定客として定着する

というようなコトが
言われています。

あるサイトに載っていましたが

「一般的」と言われている
再来店率は以下の通り
だそうです。

・初来店→再来店・・・40%
・2回目→3回目・・・80%
・3回目→4回目・・・90%

↑を参考にするならば、

2回目→3回目

が分岐点で、
つまり

あるお客様が2回目の来店を
してくださった後、

もう1度来店する

という行動を
してくださるか否か

が固定化への分かれ道

というコトになりますよね。
( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
ソレだとワクワクしないのでは?
―――――――――――――――

だからと言って、
その人が2回目の来店を
してくださった時にだけ、

次の来店を促進する何か

をすれば良いワケでは
ありませんよね。

だって、当然ながら

初来店→再来店

が無ければ
元も子もないワケですから。

だからと言って、

初来店の時と
2回目の来店の時、

(例えばクーポン券など)
同じ仕掛けで
お客様の再来店を何度も
動機付けられますか?

というコトです。

そんなワケで、
次回に続きます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。