スタッフブログ

お客様の興味・関心を狙って創る3ステップ

2018年10月05日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回は、

添加物を使わずに作ったパン

を例に、

従来は
「その価値」を知らなかった
(=異なる常識)人たちに

「その価値」を伝える
(=新たな価値を注入)コトで

その人の中でギャップが生まれ

ソレがキッカケで
興味・関心が湧いてくる

という現象が起きる

というコトを
書かせていただきました。

今回はその続きです。

―――――――――――――――
そんな経験、ありますよね!?
―――――――――――――――

あなたも
「身に覚え」がないでしょうか?

ソレほど興味無かったモノが、
友達の付き合いなどで

たまたま
知ってしまった、
出逢ってしまったがために

ドハマリしたモノ。
( ̄▽ ̄)

僕に関して言えば、
子供の頃から考えると、

ソレに当てはまるモノが
かなりあります。
(笑)

―――――――――――――――
その仕組みを狙って創る
―――――――――――――――

で、
何が言いたいのかと言うと、

その仕組みを
狙って創るコトが大切

というコトです。

極端な言い方をすれば
お客様に

「エッ?知らなかった!」

と言わせる仕掛けや仕組み

というコトですね!
(≧▽≦)

―――――――――――――――
コダワリを伝えない理由
―――――――――――――――

で、
仕掛けや仕組みを創る際に
注目したいポイントですが、

まず、
あなたのお仕事で、

こだわっている部分

を今一度、
探し直してください。

こだわっている部分を
伝えていない

というコト、多々あります。

その理由の多くが、

自分の中で
当たり前になっている

もしくは

言うほどのコトではない

なんて
勝手に謙遜している場合が
非常に多いです。

―――――――――――――――
ソレを引き出す3ステップ
―――――――――――――――

なので、

1.今一度、
  こだわりの部分を探し直す

2.その良さを知らない
  一般の人(お客様)の常識
  を考える

3.こだわりの部分を
  どのように表現すれば
  お客様から
  「エッ?知らなかった!」
  を引き出せるかを考える

のステップで
実践してみてください!
(≧▽≦)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
 是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。