スタッフブログ

理想のお客様へと進化・変化・成長させる

2018年09月27日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回は、

人が何かに夢中になる条件
(の1つ)である

自分自身の進化・変化・成長

あなたの
ビジネスに取り込むための
置き換え力トレーニングとして
いくつか例を挙げてみました。

―――――――――――――――
分かりにくいコトだからこそ!
―――――――――――――――

いかがでしたか?

あなたのビジネスで

お客様の
進化・変化・成長の基準
のようなモノ、

見つけられましたか?

ココ、
かなり分かりにくいと
思いますが、

逆に言えば、
多くの人にとって
分かりにくいコトだからこそ、

ソレ分かると
一気に飛び抜けられる

という考え方もできますよね!?
(≧▽≦)

―――――――――――――――
お客様の成長って言われても!?
―――――――――――――――

とは言え、

ジムやスクールのような
スキルアップ系の業種なら
ともかく

飲食店や理美容、リフォーム業
等々、

一見、
進化・変化・成長とは
結び付かなさそうな業種も
たくさんありますよね。

そういう業種の場合
(に限りませんが)

例えば、
以下のような
基準はいかがでしょうか?

―――――――――――――――
誰でも設けられる基準
―――――――――――――――

・あなたの
商品・サービスに関する知識
・あなたの
商品・サービスの利用回数
(もしくは利用歴)
・あなたとの
お付き合いの長さや濃度(?)
・あなたの
お店やビジネス全般に関する
知識
・あなた個人についての知識

などなど。

コレらって、
利用回数の少ないお客様には
分からない情報だし、

あなたに対して
良い印象を持たない限り
増えていく知識では
ありませんよね?

逆に言えば、
お客様自身にとって
多少なりとも楽しいコトで
なければ、
増えてはいかない知識
でもあります。

―――――――――――――――
つまり、理想のお客様へと
―――――――――――――――

そして、
お客様が楽しみながら
増やしていくその知識の中には

当然、
あなたの
好きなコト・大切にしているコト

が含まれているハズです。

で、あれば

その基準でお客様が
進化・変化・成長していく

というコトは、

言葉を変えれば

理想のお客様になっていく

というコトになりますよね?
(≧▽≦)

―――――――――――――――
(更に)次回に続きます!
―――――――――――――――

いかがでしょうか?

まだ(更に?)
分かりにくいでしょうか?
( ̄▽ ̄;)

次回に続きます!

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。