スタッフブログ

売り上げの公式から考えるリピート対策

2018年09月12日 ひとりごと スタッフブログ

―――――――――――――――
前回のお話
―――――――――――――――

前回は、

新規集客は
人口増加・市場拡大の環境には
適しているモノの、

人口減少・市場縮小・供給過多
の時代に行うと

少ない牌を奪い合う
レッドオーシャンに巻き込まれる
可能性が高い。

こういう時代こそ、

リピート対策が重要

というコトを
書かせていただきました。

今回はまた、
少し違う切り口でその重要性を
お伝えします!

―――――――――――――――
売り上げの公式
―――――――――――――――

色々なところで
解説されている通り、
売り上げの公式は

客数 × 客単価 × 利用回数

↑こんな感じですよね?

この内、客数を増やすのが
新規の集客ですね。

リピート対策は
利用回数を増やすための
対策になります。

ちなみに、
客単価アップは
いわゆる
「クロスセル」「アップセル」
のコトですが、
ソレはまた改めて。

―――――――――――――――
↑を目指すのが販促企画、だけど
―――――――――――――――

で、↑の公式の内、

どれか1つが突出していれば良い

という話ではなく

各項が高いのが一番の理想で、
そうなるための仕組みづくりが

本来のあるべき販促企画

です。

とは言え、

ソレが一度に出来ないから
悩ましいワケで、
優先順位を付けて取り組み

やがて1つの仕組みになる

という考え方が現実的です。

―――――――――――――――
ザル?穴の開いたバケツ??
―――――――――――――――

で、
何を優先すべきかと言う時に、

真っ先に思いつくのが
前回、書いた通り

新規の集客

なのですが、

チョット想像してみてください。

労力・時間・コストを掛けて
ようやく出逢ったお客様が

リピートしてくれる仕組みが
なければ、

来月も再来月もその次の月も

ズーーーーッと
集客し続けなければいけない

というコトですよね?

蛇足ながら、この状態を

「ザル」
もしくは
「穴の開いたバケツ」

と言います。
( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――
ところが!リピート対策してると
―――――――――――――――

一方で、

労力・時間・コストを掛けて
ようやく出逢ったお客様が

リピートしてくれる仕組みが
出来ている状態で、
新規の集客を行なったら
何が起きるでしょうか?

はい。

一度、
あなたの商品・サービスを
ご利用いただいたお客様が

再び利用してくれるので、

集客に費やす
労力・時間・コストが
グググッと軽減される

というコトになります!
(≧▽≦)

―――――――――――――――
少し見えてきましたか?
―――――――――――――――

いかがでしょうか?
リピート対策の重要性、
少し見えてきましたか?

更に次回に続きます!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の記事はいかがでしたか?
みなさまからのご意見・ご感想、お待ちしています。

【コチラの記事、メルマガでも配信しています!】
是非、ご登録ください!
物語型集客術メールマガジン

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
モノではなく物語を売る!
物語型集客プランナー
合資会社 笑う門
山田浩和
yamada@hesochiku.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆合資会社 笑う門のホームページ
https://www.warau-kado.com

◆合資会社 笑う門のFacebookページ
https://www.facebook.com/waraukado.co/

◆山田浩和のFacebook
https://www.facebook.com/hirokazu.yamada.58

◆集客したい人!まずはココから!
ブログの前に!FBの前に!
理想の顧客がドンドン集まる
魔法のキャッチコピー作成講座

(無料)

<<前のページに戻る
この記事へコメント
名 前: (必須)
Eメール: (必須)
U R L:
本 文:

※現在、コメントはありません。